「弱気転換、一連のトランプラリーは終了」

ブログ:黒岩が斬る!!

本日の日経平均は256.58円安の19145.14円で取引を終了した。朝方から売り先行となり、その後はさらに下値を試す展開。円相場がやや円高にシフトしたことで、輸出関連株を中心に警戒感が広がる展開。明日、大納会を控えており、リスク回避のポジション整理の動きが加速した。

注目の日銀ETF買いは、いわゆるインデックス型で742億円の買いが入る形。ただ、指数へのインパクトは乏しく、ズルズル値を下げる展開となった。東証一部の売買代金は2兆円超え。投資家のリスク回避姿勢が勝った格好だ。

日経平均の日足チャートでは、窓を空けて下落。チャートが「ポキッ」と折れた感じとなっており、一瞬にして弱気形状へと転じている。一連の「トランプラリー」が終了したことを意味しており、ここからは見て見ぬふりをしてきたリスクと正面から対峙することになる。

もっとも、大きなリスクは、急速な円高である。もともとこの一連の円安・ドル高は、「日米金利差の拡大のみ」に目を向けて進んできた経緯がある。経常収支という中期要因、物価上昇率という長期要因を一切無視して、短期要因のみで円安になってきたのだ。だから、これからはその反動が「イヤ」っていうほど襲ってくる。1ドル=100円付近からスタートした円安だったので、それを上回る円高になることが予想される。投資家はかなり警戒しなくてはいけない。1/20のトランプ大統領就任のタイミングでそれが加速する可能性があり、反動の大きさ、そのスピードに驚いてはいけない。そもそも円安に進んだことが、いわば「誤った方向」だったのだから・・・。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ