「チャートは弱気形状、買いポジションは整理」

ブログ:黒岩が斬る!!

大納会の日経平均は30.77円安の19114.37円で取引を終了。売り一巡後は押し目買いが優勢となった。日経平均の日足チャートでは、ローソク足で陽線が出現。短期的な下値メドとして意識されていた下方の窓(19042.48円―19054.00円)を完全に埋めたことで、強い調整一巡感が台頭。その後の下げ渋りにつながっている。

ただ、すでに昨日の下落によって、チャートは弱気形状に転換。本日の下げ渋りは、単なる「アヤ戻し」にすぎない。基本的には下落トレンドに突入しており、この先は「下方向」を目指す可能性が高い。下方には複数の窓が存在しており、これらを連鎖的に埋める可能性がある。2段目の窓下限(18502.47円)までの下落であれば、「ワンチャンス」であり、投資家はさらなる下振れに警戒しなければならない。ここはポジションをいったん軽めにし・・・、というよりか、もうすでに大納会を迎えてしまったので、大発会からでも遅くはないので、買いポジションは整理した方が良いだろう。

今年1年は色々あったが、株式市場を取り巻く環境もかなり変化した。もっともショッキングだったのが、6月の英ブレグジットと11月の米大統領選だ。いずれも、いわゆる支配層の意思が反映されず、大衆志向の結果となっている。これまでの支配構造がガラガラと崩れており、それが株式市場にも影響を及ぼしそうなのだ。

足元ではオバマ大統領が退任直前に、対ロシア制裁を発表。外交官などロシア政府関係者35人に対して、「72時間以内の国外退去命令」を発令した。理由は、先の大統領選において、サイバー攻撃によって、選挙結果を捻じ曲げたから。オバマ大統領は「自らが出馬していたら勝利していた」とも語っており、トランプ次期大統領の怒りを買っている。

いずれにしても今回の措置は、オバマ大統領の「最後っ屁」ということになる。米軍産複合体にとって生命線である事実上の「米ロ冷戦」状態を保持するのが目的であり、退任まで全力で「援護射撃」をするという意味合いを持っている。当然、トランプ次期大統領からしてみれば、これからは「親ロ路線」で突っ走る予定。北極海油田での共同開発なども視野に入っており、この「最後っ屁」は当然、承服できるものではない。就任直後に解除する公算が大きく、支配層との対立は一層強まるだろう。「なんとかトランプ大統領を阻止できないか」―という発想につながることになり、かなりキナ臭くなるかもしれない。

あと、トランプ次期大統領とFRBの関係も、マーケットにとっては重要だ。そもそも通貨発行権という「打ち出の小槌」をFRBという民間銀行群が握っており、その存在自体が怪しいというもの。FRBがトランプ次期大統領の主張する「強い米国経済」と相反する金融政策を推し進めれば、当然「FRB不要論」が台頭することになる。イエレン議長の首を挿げ替えることで納得できれば良いが、組織の存在自体にメスが入れば、これまで推し進めてきた「QEナントカ」という「ドルと米国債のバーター取引」の持続が難しくなる。それがドル安・米国債売りにつながる可能性があり、そういった意味でトランプとFRBの関係は最重要項目なのだ。当然、トランプ政権を裏で操っている人間の意思も重要であり、その「見えない意思」を汲み取ることが「相場を予想する」ということになるのだろう。トランプ大統領に対して単に「差別主義者」というレッテルを貼るのではなく、制度・構造上の立ち位置・役割を認識した上で、氏の発言を理解しなければならない。

ご愛読いただきまして、誠にありがとうございました。1月4日(水)が大発会となります。来年もよろしくお願いいたします。

“「チャートは弱気形状、買いポジションは整理」” への1件のコメント

  1. 下落を語る方が楽なマーケット。どこを見ても最近のバリュエーションは過剰という論調。最近の行き過ぎは否定しない。ただ、僅か0.25ポイントの利上げというのはどうだ。マーケット関係者全員が見逃している。利上げ局面においても「ひたすら緩和的」という事実。ポジション整理を叫ぶ様な大発会からの、継続する下落を予想するなら海外投資家の売り転換が必要。その調子でずっと外してるだろう?見方を転換しないか。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

新生ジャパン投資



新生ジャパン投資≪「GW後に仕込みたいプロ推奨の銘柄」が今なら無料≫

新生ジャパン投資は無料登録をすると無料情報を毎日配信してくれるんですが、この無料情報の成績が「アツイ」と噂になっています。

4月9日(月)に推奨されたパルマ[3461]は推奨から14営業日後に、日本郵政キャピタルを割当先に新株16万株を発行すると発表し、株価2.2倍を記録
-----------------------------------
銘柄コード:3461
銘柄名:パルマ
推奨日/始値:2018年04月09日/3900円
高値日/高値:2018年04月26日/8580円
騰落率:120.00%UP(約2.2倍)

-----------------------------------


投資顧問の口コミが集まる某有名サイトにも、
新生ジャパン投資を評価する声が多く見受けられました▽
-----------------------------------
9日に提供された無料情報みたやついるかな?
パルマ推奨で試しに入ってみたら爆上げ
タイミング的にもなんか持ってたんだろうな
最低単元なのだけが悔やまれるわ
-----------------------------------
ここの口コミみはじめてから無料情報に注目しだしたんですけど、たしかにすごいですね。有料情報のがもっとすごいなら参加したい、、
-----------------------------------
あくまで持論なんだけど、無料情報で勝てる情報だしてくれるところは本物認定してる。
そういう意味ではここは9日にパルマ推奨しててスゲーなと思った。他にも無料情報でけっこうかててる
-----------------------------------
無料のレベルが高い
おれはだいたい無料情報の成績から使うサイト選んでるんだけど、ここは評価できるよ
-----------------------------------
他の人も言ってるけど、一回使えば分かるよな
-----------------------------------
※原文ママ引用


新生ジャパン投資≪「GW後に仕込みたいプロ推奨の銘柄」が今なら無料≫

パルマ[3461]は別格だとしても、5月に入ってから推奨された無料銘柄もなかなかの粒揃いで、はっきりいって「凄い」の一言。
-----------------------------------
銘柄コード:6620
銘柄名:宮越ホールディングス
推奨日/始値:2018年05月01日/1007円
高値日/高値:2018年05月09日/1180円
騰落率:17.18%UP

-----------------------------------
銘柄コード:1400
銘柄名:ルーデンホールディングス
推奨日/始値:2018年05月02日/650円
高値日/高値:2018年05月09日/755円
騰落率:16.15%UP

-----------------------------------
銘柄コード:3753
銘柄名:フライトホールディングス
推奨日/始値:2018年05月07日/870円
高値日/高値:2018年05月09日/1235円
騰落率:41.95%UP

-----------------------------------


上記はすべて5月に入ってから推奨されたもので、いずれも推奨直後に上昇しています。

新生ジャパン投資を利用されている方のコメントを見ると『無料情報もすごいけど有料情報はもっとすごい』という声も多く見受けられますので、もし銘柄選びに迷っているならば早めにチェックしておきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19

ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ