ホンダ(7267)とGMが米国で合弁会社設立について

ブログ:黒岩が斬る!!

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は30日、2020年をめどに米国で燃料電池車(FCV)の基幹部品を共同生産すると発表した。総額8500万ドル(約97億円)を折半出資し合弁で生産会社を設立、新規に約100人を雇用する。トランプ米大統領が日本との自動車貿易を批判するなか、ホンダは米国との関係強化に動いた形だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30I5W_Q7A130C1MM8000/

このニュースを聞いた最初の印象は、「トヨタに続きホンダもご機嫌取りか」である。米国内での雇用増に貢献することをアピールすることで、日本の自動車メーカーに対する風当たりを避ける目的があると思われる。たった、97億円の投資で規制を免れるのであれば「安い」という経営判断も働いたのだろう。

ただ、そういった個別案件よりも、全体的には燃料電池車と電気自動車という次世代エコカーの戦いの方が重要である。

どうしてもIoT、AI、ビックデータなどの流れから行けば、「電気自動車」の方が圧倒的に有利に見える。最終的にはグーグルが人が不要な完全自動運転車を開発し、各自動車メーカーはその下請けになるというのがメインシナリオだ。そのときあえてリスクのある燃料電池車を普及させる必要がるのか、という疑問が先に立つ。水素の取り扱いが難しいほか、水素ステーションの普及にもまだ時間がかかりそう。そのようななか、自動車に搭載する電池性能が格段にアップし、AIによる画像認識技術も進歩しているのであれば、統一動力源としての「電気」が優れているのは明白である。そのようななかでのホンダ・GMのFCV共同生産だ。かつてのビデオ仕様における「VHS・ベータ競争」を彷彿させるものがあり、すでに「勝負あった」ような感じにも見える。ある意味、将来的にお荷物になりそうな燃料電池分野を早々に国内から切り離し、それで「米国でのご機嫌取りができれば安いもの」――そんな思惑も見え隠れしてしまう。

日本の自動車メーカーの命運は、いかにグーグルに取り入れられるかにかかっている。自社による自動運転車の開発はそこそこにし、「下請け」としての覚悟をそろそろ決めた方が良さそうだ。それが「唯一の生き残る道」と考える。

 

 

“ホンダ(7267)とGMが米国で合弁会社設立について” への2件のフィードバック

  1. 以前、S高研究委員会でも取り上げられていた、日本一ソフトウェアを1360円で買いました

    株は初心者のレベルで、下げた局面を想像すると怖いですが、「DDSのように上値に挑戦するのではないか」っと勝手に判断しました

    黒岩先生はこれからどうなると予想しているでしょうか?

    宜しくお願い致します

    1. E-kabu運営事務局です。

      ご質問を採用させて頂きました。

      黒岩先生からの回答の時期は記事掲載をもって発表とさせて頂きます。予めご了承下さい。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ