ソフトバンクG、米投資会社フォートレスを過去最大規模で買収

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考]
http://jp.reuters.com/article/softbank-fortress-idJPKBN15U00E
ソフトバンク(9984)というと、我々にとっては「携帯・スマホ会社」であるが、実際には傘下に多くの企業を抱える「投資ファンド的な会社」というのが実態だ。その会社が「投資ファンドを買う」ということは、さらにそういった流れが加速することになる。

ソフトバンクの孫社長は、10兆円規模のファンドを設立すると宣言しており、そしてトランプ大統領には米国への5兆円の投資を約束した。

今回の米投資会社フォートレスの買収は、その「手付金」という意味合いが強いのだろう。トランプ大統領との約束は早期に実現することで、「有言実行」「ソフトバンクはいい会社」というイメージを植え付けたいのであろう。

実際の買収金額はややプレミアムが高いと言われており、株価は足元軟調な値動きとなっている。

ただ、フォートレスが抱える未実現利益などを含めると、「そう割高ではない」という評価もある。

この辺に関しては、「東芝」じゃないが、時間が経過してみなければ分からない。

そもそも孫社長の設立する「10兆円ファンド」の半分近くはサウジのマネーだ。原油安に苦しむサウジアラビアが、「原油生産以外で儲けなければならない」として始めたものである。これまで原油価格は、アメリカのシェール企業との競争もあり、下落の一途を辿ってきた。その結果、サウジなどの産油国の財政を圧迫しており、このようなファンド設立の流れとなっている。そしてその資金がアメリカへと流入。「中東産油国VS米シェール企業」という構図があっただけに、なんとなく「皮肉な結果」と言えよう。

「石油はあと40年で枯渇する」なんて言っていた日々が懐かしい。「そもそも原油は無機的なものであり、マントルから染み出している」――そういった説もあるほどだ。「原油価格を高値安定させて儲けたい」という「石油業界のウソ」がバレ始めているということなのだろう。「温暖化ビジネス」「原発ビジネス」で儲けようとする人たちと同種ということになる。

話は逸れてしまったが、そういった意味でソフトバンクは「巨大な投資会社」という位置付けを確立しようとしている。なので、その投資成績は時間が経過してみないと分からない。ある意味、将来的には日経平均やTOPIXのような指数と同じ動きをする可能性が高く、「ソフトバンク株は指数化している」とも言えるだろう。傘下企業、投資先企業が増えれば増えるほど、その色彩は濃くなると思われる。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ