日米経済対話について毎日新聞が世論調査

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]
http://mainichi.jp/articles/20170220/k00/00m/010/050000c

まず、第一に「世論調査」というのは、調査機関、調査方法、質問内容によって、大きく変わるものだということを我々は知っておかなければならない。毎日新聞が採用している「RDS法」というのは、コンピュータがランダムに番号を発信するというもの。当然、固定電話にかけることになるので、受け取る人は家庭の主婦、老人が中心となる。日中、仕事をしている壮若年層の男性はこの世論調査を受ける機会がほとんどない。

そして質問方法も意図的に決められた答えを誘導する形がとられているケースが良くある。例えば、「戦争はたくさん人が死にますが」という接頭語をつけて、「あなたは戦争に反対ですか?」と質問されれば、誰しも「反対」と答えるだろう。逆に、「戦争によって国の利益が守られますが」という接頭語をつけて、「それでもあなたは戦争に反対ですか?」と質問されれば、反対の数は劇的に減少するだろう。

このように「世論調査」というのは、恣意性を持って調査されることがあり、世論調査という名の「世論誘導」であることを我々は忘れてはならない。米大統領選でも分かったように、事前の「票読み」なんてアテにならないもの。そういった見方で、世論調査を見る必要があり、「なぜこのメディアはこのタイミングでこのような世論調査をしているのか」という視点が重要というわけだ。そこにそのメディアの主張が隠れており、そういった裏の勢力の意図が浮き彫りになるのである。

完全に話が脱線したが、日米経済対話などというのは、表向きの看板にすぎない。実際には「米国から日本に対する命令書」みたいなものであり、決して「対話」というレベルではない。

「オイ、安倍。お前の言う通り、仲の良いところを見せてやったんだから、分かってるんだろうな」というビジネスマン的な脅しであり、それに安倍首相が応える順番となっている。「はいはい。米インフラ整備のために資金を差し出し、日本国内ではカジノを造る、ですね」と・・・。

安倍首相からしてみれば、本当は「ヒラリーと一緒に戦争」という路線だったのが、いまではすっかり「トランプ人気の踏み台」に成り下がっている。本心では「トランプは早く失脚しないかな」ぐらいに思っているに違いない。表情はにこやかでも、腹の底では「アッカンベー」をしているのだ。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

株トレード投資顧問

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-21-47 株式会社IIRが運営する「最強!!株トレード投資顧問」は弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ