地球に似た惑星発見 NASAが発表

教えて!!黒岩先生

[参考URL]
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG22H1W_S7A220C1EA1000/

【参照:宇宙開発関連銘柄(カブ知恵)】

NASAが地球によく似た惑星を発見したところで、株式市場で関連銘柄が動意づくということはないだろう。39光年離れた場所での話であり、「すぐにどうこう」という話ではないからだ。所詮、推測の域を出ておらず、想像や妄想の部分も含まれている。

それより重要なのは、NASAが真実を語る機関であるのか、ということ。究極的には「本当に人類は月に行ったのか」という話であり、その辺を明確に説明してもらわないと何もかも信用するというわけにはいかない。

私が生まれた昭和43年の翌年に、アポロ11号は月面着陸した。そして現在、あれから50年も経とうというのに、月に有人飛行しようとう計画すらない。「やっぱりあのアポロ計画はイカサマだったのか」と疑われても仕方のないのである。

地球の周りには「ヴァン・アレン帯」と呼ばれる強い放射線帯が存在している。分厚い水の壁がないと生物は生きて通過することができないと言われており、当時の技術でそれが可能であったのか疑問視されているのだ。「2001年宇宙の旅の監督、スタンリー・キューブリックに頼んで、スタジオ撮影した」と言われても仕方がないことなのである。

だから、NASAに言いたいのは、「これらの疑問を払拭するためにも、火星に行く前に、月への有人飛行を計画してくれ」なのである。

ファミコンが出てくるず~っと前の時代にそれが可能だったならば、ハイスペックのスマホゲームの現代ならば、容易にできるはず。資金はトランプに出してもらえばいい。仮に宇宙船の中で丸焦げになったら、あらかじめ撮影していたCG映像を流せばいいのだから・・・。

なお、星の話でちょっとリアリティがあるのが、オリオン座の赤色巨星・ベテルギウスの超新星爆発だ。もし、これが起こったら、「第2の太陽の出現」と言われている。実際に太陽ほどのパワーはないとされているものの、それに準じるくらいの明るさになるという。もし「夜がなくなる」ということになれば、電力需要は急低下。電力株の下落につながるかもしれない。オリオン座の左上の赤い星に注目してほしい。

 

 

黒岩先生への質問をどうぞ
(例:投資法、テクニカル分析について、銘柄について、黒岩先生のプライベートについて…など)
質問が採用された場合は順次掲載させて頂きます。

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

株トレード投資顧問

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-21-47 株式会社IIRが運営する「最強!!株トレード投資顧問」は弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ