米国、軍事費6兆円増「歴史的拡大」へ

ブログ:黒岩が斬る!!

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H9K_X20C17A2FF8000/

トランプ大統領は軍事費を540億ドル(約6兆円)増やすと発表した。その代わりに地球温暖化対策を担当する米環境保護局(EPA)などの予算を540億ドル分、削減するという。バランスシート上では帳尻が合う計算となる。

トランプ大統領は「温暖化はウソ」と以前から述べており、今回のEPAの予算削減は規定路線であると言えよう。そもそも地球温暖化は、支配者層が考え出した作り話。CO2削減で工業後進国に足かせをはめ、原発建設を後押しするという役割を果たしている。既得権者がその地位を維持する重要な役割を果たしており、「そもそもが捏造」というわけだ。

なので、「米国第一主義」を掲げるトランプ大統領にとっては、もっともいらない予算。それを軍事費に振り向けることはいたって自然な流れだ。当然、軍事費増加で敵対している軍産複合体への「アメ」の意味合いもある。政権を維持するために、「必要な経費」と認識しているのだろう。

ただ、米国の軍産複合体にとって都合が悪いのは、トランプ大統領が感情的に動くことだ。「統制された戦争」ではなく、「突発的な戦争」に駆り出される可能性を危惧しているのだ。もし、北朝鮮を「トランプ流」に無造作に刺激すれば、米国本土にいきなりミサイルが飛んでくることも十分に考えられる。米軍産複合体にとってはそれでは都合が悪いわけであり、できれば中東、極東だけで戦争をしてほしいというのが本音だ。米軍産複合体がトランプではなく、ヒラリー支持なのはそういった面であり、単に軍事費を増やせば良いといったものではない。日本にとっても「不用意な戦争」に巻き込まれる危険性があり、そういった意味では株価にとってはマイナスであろう。

あと、もう一点、注視しなければならないのが、米財政赤字の問題である。3/15には再び債務上限期限を迎えることになり、大盤振る舞いの財政支出はできない状況にある。FRBは3月にも利上げを実施するかもしれない。FRBが金融引き締めの方向にあるなか、米財政赤字の拡大は、米国債下落の要因になり得る。そのような意味でも、トランプ大統領にとって、FRBの人事をハト派に一新する動機が生まれてくる。なので、トランプ大統領のFRBへの攻撃がどの程度か、その点も見極める必要がありそうだ。当然、ドルの通貨発行権に触れた大統領は、暗殺されてきた歴史を知っておかなければならない。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ