トランプ議会演説~新たな具体策、税制等語られず~

ブログ:黒岩が斬る!!

【時事通信】
http://mainichi.jp/articles/20170302/k00/00m/020/092000c

今回のトランプ大統領の演説は「優等生」であった。原稿を忠実に読み、決して感情的にならず、差別的な言葉も使わない。そういった意味では「トランプらしくない」のであるが、これがトランプ政権の現状を意味している。

大規模なインフラ投資を約束する一方で、減税への意欲も表明。そうなると「財源」が気になるところだが、これに関してはあまり具体的な説明はなかった。米国は累積財政赤字に苦しむ借金国。3月15日には連邦債務上限の引き上げ期限を迎えることになっており、ここで所属政党である共和党の協力が必要となってくる。

共和党内にはティーパーティと呼ばれる「小さな政府」を目指す政策集団が存在している。財政赤字の拡大を最も嫌う人たちであり、その人たちとの「折り合い」が難しいところである。

そういった意味で、昨日の「演説」は、敵を作らないために入念に練られた原稿。だから、「棒読み」であり、波風を立てない作戦なのだ。政権を維持するために必要なことであったのである。

こうなってくると、トランプ政権は、政策実行のための財源をどのように確保するかが最大の焦点となってくる。当然、「赤字国債発行」ということになるのだろうが、肝心のFRBは金融引き締め方向で舵を切っている。「米国債を発行して、それをFRBが引き受ける」といういわゆる「QE」とは反対方向に向かっており、それがトランプ政権にとって歯がゆい問題なのだ。

それを打開するためには、当然、FRBの人事に手を突っ込まざるをえなくなる。イエレンFRB議長の交代も含めて、人事であらゆる手立てを講じる可能性は高いのだ。まず、空席となっている理事に、トランプ色の濃い人間を据える。そういったところから始める必要があるだろう。

ただ、FRBというのはドル発行権を有している向こう側の組織。そこにトランプ氏が土足で突っ込めば、結果的にフジテレビを買収しようとしたホリエモンの二の舞になる。虎の尾を踏むくらい危険なことなのだ。なので、財源に苦慮したトランプ大統領がFRBにどのようなアプローチをするのか――これが極めて重要な事象となってくる。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

株トレード投資顧問

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-21-47 株式会社IIRが運営する「最強!!株トレード投資顧問」は弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ