[質問]チェンジ(3962)はどこまで上昇するでしょうか?

教えて!!黒岩先生

[質問全文]

先日、黒岩先生がこちらでの質問に「チェンジに注目している」とお話されていましたので、私もその後この銘柄を100株だけ4990円で購入しました。その後材料発表もあり、仰った通り上昇となりました。ただ今マザーズ全体が崩れつつもありますが、この銘柄は先生の理論上ではどこまで上昇していくと思われますか?(by  エレクトロイカ 様)

[回答]

ご質問ありがとうございます。

3/15に高値(6720円)をつけたあとは、上値が重くなっています。これは昨年10/6の高値(7200円)付近に位置している「テクニカルの壁(需給の壁)」が要因であり、ある意味、仕方のないことです。仮に今後、高値を更新するとしても、ここではいったん値動きが止まってしまうものなのです。

チャートは強気形状を維持していることから、「今ここで売り」ということにはなりません。高値圏で利食い売りをこなせば、再び需給は改善。上値トライのチャンスを迎えます。

ただ、4000円付近にファンダメンタルズの壁(割安の壁)を確認していることもあり、今の水準(6000円付近)が割安とは限りません。買いポジションを維持しながら、値動きを良く観察し、理論の通りにトレードするしかないでしょう。
【E-kabu運営事務局より】

Q&Aコーナー『教えて!!黒岩先生』では投資のプロである黒岩先生への質問を募集しています。当ページ下部にある専用フォームよりご投稿下さい。
「この銘柄は上がるのか?」「テクニカル分析について」「今後の日経平均株価は?」「黒岩先生の好きな色は?女性のタイプは?」…何でも構いません。採用された場合には、当コンテンツ内で掲載させて頂きます。

尚、銘柄に関するご質問等に関しましては、あくまで黒岩先生の私見によるものであり、投資に係わる最終決定はご自身の判断にてお願い致します。

また、黒岩先生への誹謗中傷はご遠慮下さい。当コンテンツは、黒岩先生と、株のビギナー、ベテランに限らず広い読者の方々との交流を目的としています。心優しい黒岩先生がその小さな胸を痛めてはいけません。故に、先生と呼ばれる個人への最低限の節度を持って、ご質問頂けますようお願い致します。(尚、これはフリではありません)

“[質問]チェンジ(3962)はどこまで上昇するでしょうか?” への2件のフィードバック

  1. いつも黒岩先生のポエム、ストップ高研究委員会、Twitter等を楽しく拝見させていただいております。

    本日、質問したい銘柄は7600 日本mdmについてです。

    【参考】
    http://www.kabudragon.com/chart/s=7600/volb=1/e=000000.png

    12月の黒岩先生のセミナーに参加して以降、価格帯出来高をすごく気にするようになりました。
    ちょうど今、7600 日本mdmは価格帯出来高の谷間挟まれています。
    ブレイク待ちなのですが、一カ月近く経ってしまいました。
    価格帯出来高の谷間って買い場として適切なのでしょうか?

    1. E-kabu運営事務局です。

      ご質問を採用させて頂きました。

      黒岩先生からの回答の時期は記事掲載をもってかえさせて頂きます。予めご了承下さい。

黒岩先生への質問をどうぞ
(例:投資法、テクニカル分析について、銘柄について、黒岩先生のプライベートについて…など)
質問が採用された場合は順次掲載させて頂きます。

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ