「米中首脳会談を控えて北朝鮮がミサイル発射」について

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【産経新聞】
http://www.sankei.com/world/news/170404/wor1704040009-n1.html
【中央日報】
http://japanese.joins.com/article/681/227681.html
株式市場にとって最も関心が高いのは、近くで戦争が起こるか否かである。仮に米国が北朝鮮を攻撃。その際、北朝鮮が暴発して、日本の米軍基地に向けて、ミサイル攻撃をしてくるかどうかが最大の焦点となる。もし、日本本土が攻撃される事態となれば、これは「完全なる有事」である。株式市場は震撼し、一斉に売りが出ることになるだろう。

問題なのは、今回の一連の動きがどこまで進むのかということ。本当に米国が北朝鮮を攻撃するのか。それとも中国を仲介役とし、融和方向に進むのか――この二者択一である。

現時点で個人的には前者(攻撃する)の可能性が高いと考えている。なぜならば、トランプ政権はある意味、政治の素人集団。これまで米軍産複合体が培ってきた「冷戦」というノウハウを一切無視しており、感情論で強硬的な軍事行動を採ってしまうリスクがあるからだ。

当然、トランプ政権は傘下のCIA、NSAといった諜報機関を完全に掌握しきれていない。その点でも、ヒューマンエラーによる「突発的な衝突」が起こりやすくなっている。

北朝鮮側もそういった危険性を察知しており、脅迫的な「先制攻撃」に踏み切る可能性が高いと思われる。日本は日本で、安倍政権への追及が緩まないなか、国民の視線を外に向けさせる必要がある。トランプ政権も政策運営能力が問われており、ここで国民が一致結束するような事態を求めている。すべての思惑が「そっちの方向」に向かっており、危険度は一段とアップしているのだ。

日経平均の日足チャートでも、それを察知してか、完全に弱気形状へと傾いている。本日こそ反発の動きになっているが、上昇の勢いはかなり弱い。一時的なリバウンドの可能性が高く、改めて売り直される動きとなりそうだ。

明日から米中首脳会談が開催される。北朝鮮のミサイル発射は、逆に北朝鮮を自ら追い詰める「挑発行為」となっており、それが米国が中国の責任を追及する支援材料にもなっている。いずれにしても「危ない方向」に舵が切られており、投資家はそれをチャート上から読み取らなければならない。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ