米中首脳会談の不透明感と市場への影響

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【Bloomberg】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-05/ONX0RJ6JTSEF01
【産経】
http://www.sankei.com/world/news/170405/wor1704050035-n1.html
【株探ニュース】
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201704050531
今回の米中首脳会談の焦点は2つある。ひとつは対北朝鮮対策。もうひとつは貿易不均衡是正の話だ。トランプ大統領の政策は、何と言っても「米国民第一主義」である。その一方で、習近平国家主席は「現体制の維持」が至上命題となっている。その両者の思惑が、どのような結果を生み出すかが、最大の注目ポイントとなっている。

トランプ大統領の「中国観」は、恐らく「極東で傍若無人な振る舞いをする急成長の大国」というイメージだろう。そして「自国優先主義の為替操作国」という認識を持っているに違いない。なので、今回の首脳会談では、これを是正する動きを促すと思われる。米国民にとって有利になるように、中国を「諭す」というわけだ。

そのカードとして使われるのが「北朝鮮」。「中国のお隣で戦争を起こすぞ」と脅しているのである。なので、中国としては「それだけは勘弁」とばかりに、米国に譲歩するに違いない。対北朝鮮対策として、エネルギー支援を暫定的にストップ。貿易不均衡に関しては、一定の通商条約を結ばざるを得ないと考える。それが中国景気の減速に結びつくのであれば、中国バブルの崩壊のきっかけとなるかもしれない。それがマーケットとしては大きなリスクであり、極東での地政学的リスクの高まり、そして中国バブルの崩壊という2つのリスクを抱えることになる。そのような意味で今回の米中首脳会談の行方は重要であり、場合によっては「パンドラの箱」が開いてしまうかもしれない。

そもそもこうなったのは、トランプ氏が「支配者」が選出した大統領ではないからだ。これまでは支配構造の維持のために、米大統領は彼らの「操り人形」が選ばれていた。それは本来ならば「ヒラリー」だったわけだが、それがコトもあろうことか「トランプ」になってしまった。これが「混乱の始まり」となっている。

我々は昨秋のトランプ大統領誕生のときに、初期反応として「売り」を選択した。しかし、その後は「トランプラリー」と称して、株価は上昇に転じた。なので、ここにきて、改めて「初期反応が正しかった」ことを再確認することになるのだろう。「トランプ大統領によって、これまでの秩序、ルールが乱される」――そう認識しなければならない。ただ、これらの現象は「創造的破壊の第一歩」という認識。正しい方向に向かっていると思われる。

 

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

新生ジャパン投資

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19   ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ