北朝鮮ミサイル発射と今週の相場の見通し

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ロイター】
http://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-idJPKBN17I0VB
【ロイター】
http://jp.reuters.com/article/tokyo-stock-this-week-idJPKBN17I0VG?il=0
トランプ政権が軍産に乗っ取られたことが明らかになった以上、「何かしらの戦争」の可能性は非常に高まったと考えたい。イラク戦争以来、大規模戦争を経験していない米軍産複合体だが、そろそろ10年に一度の「在庫一掃セール」を行わなければならないタイミングとなっている。「本来ならば中東で」といったところだが、北朝鮮のミサイル・核開発が想定よりも早く進んでおり、「看過できない」との見方が強まってきた。そもそも北朝鮮という国は、極東の地政学的リスクを高めるために、「米国が生かしていた国」である。属国である日本や韓国に対して、米軍産複合体が武器を売るために、必要としていた国だ。

だが、「核ミサイルの脅威が米本土に及ぶ」となっては話は別。どういう形でか、その脅威を取り払わなければならない。その脅威を除去する方法を今、模索している状況だ。

当然、米軍産複合体にとっては、このビジネスチャンスを逃す手はない。属国に迎撃ミサイルなどの武器を大量に買わせるなど、ひと儲けを目論んでいるのだ。

だから、トランプ政権の中に深く入り込み、反戦色の強いバノン氏を排除した。それが最近の政権内部の混乱として表れているのだ。

なので、この地政学的リスクはしばらく続くことになる。北朝鮮が「適度な暴発」をするのを待っているからだ。米国は「被害者」としての地位を確立したあと、国際的な同意を得て、戦争に踏み込むケースが多い。9・11のような自作自演テロをも多用し、「大義名分」だけはしっかりと確立するのだ。

したがって、株式市場は「いずれ起こる戦争」の恐怖におびえることになる。これが株価を押し下げ、為替はリスク回避の円高に動きやすくなる。ただ、実際、「日本の近くで戦争」が起これば、為替に関しては逆に動く可能性もある。

いずれにしても日本株に対しては強い売り圧力がかかり、下値を試す公算が大きい。恐らく1年から2年という比較的長いスパンで、下値を試す動きになるのだろう。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

新生ジャパン投資

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19   ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ