[TPP]米国抜きで11ヶ国で発効に向け議論へ

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010954991000.html

そもそもTPPというのは、米国を拠点におく金融資本家(グローバリスト)たちが、日本の権益を奪うために「乗っかった」経済協定である。もともとTPPには日本やアメリカなどの経済大国は含まれておらず、あとから参加する形で協議が進められてきた経緯がある。

アメリカにとって鳩山政権の樹立は、邪魔以外の何物でもなかった。本来ならば、アメリカから日本に対する命令書は、「年次改革要望書」という形で時の政権に言い渡されていた。小泉政権下での「郵政民営化」なんていうのはその典型であろう。

しかし、鳩山政権はこの年次改革要望書を廃止としたため、アメリカが直接、日本の規制や権益に食い込むことが難しくなった。そこで浮上したのが、先にシンガポール、NZなど4か国でスタートしていたTPPに「乗っかる」ことである。

米国に拠点を置くグローバリストの目的は、日本の巨大資産(権益)を奪うこと。ISDS条項という国家よりも企業を優先するようなルールを盛り込み、国家を企業の支配下に置こうという構想だ。

しかし、トランプ政権の誕生で、その目論見はすべて崩れてしまった。アメリカが「TPPから離脱する」というからである。TPPの発効条件は「GDP85%」。アメリカが抜けた時点で発効できなくなており、そういった意味で「空中分解」は必至の情勢だ。

それでも、安倍政権がそれを諦めないのは、この政権がまだ彼らグローバリストの傘下にあるからだ。「いつかトランプ政権が崩壊したときに、発効できれば良い」と考えているからであり、その下準備を進めているのである。

日本の行動は「カモがネギ背負ってくる」ようなものであり、明らかに国益に反するものだ。そもそも「環太平洋」なんていう地域性をまったく感じられない経済協定が成立する自体、おかしな話。国民はその真意にそろそろ気がついた方が良い。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

株トレード投資顧問

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-21-47 株式会社IIRが運営する「最強!!株トレード投資顧問」は弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ