[質問]GNI(2160)はいくらぐらい迄下がりますか?

教えて!!黒岩先生

[質問全文]
ジーエヌアイを狙っていたのですが、21日の引け後にMASワラントを出してきました。同社の製薬が中国での保険適用&業績も黒転している中で、今後どれ程下がる可能性があるか、また、どの辺りが押し目となるか…教えてもらえたら嬉しいです。(by  バイオ株狙い 様)

[回答]

ご質問ありがとうございます。

 

下方修正条項付きの新株予約権(MSワラント)の発行はかなりショックですね。同社の発行済み株式数は約1億1140万株。それに対して、今回のワラントがすべて行使された場合は、株式数が2000万株増えることになります。約15%の「株式価値の希薄化」が起こるわけです。

当然、下方修正条項がついていることから、その下限行使価格である340円が意識されることになります。株価が下がれば下がるほど、この行使価格が下がっていき、その潜在売り需要は2000万株あるということです。なので、本日の投資家の狼狽売りが出たあとに、断続的に2000万株の売りが出てくることになります。

当然、その売りが一巡してしまえば、いわばこのファイナンスによって「前向きな資金調達」ができたわけですから、株式は「再評価」されることになります。あくまでも今回の下落は「需給要因」であり、長期的にみれば、プラスの効果が大きいと思われます。

株価の下値メドとして意識されるのは、やはり下方の窓(360円―482円)でしょう。この窓のどこかでパニック売りが出てくれば、強い底打ち感が出てくるでしょう。

 
【E-kabu運営事務局より】

Q&Aコーナー『教えて!!黒岩先生』では投資のプロである黒岩先生への質問を募集しています。当ページ下部にある専用フォームよりご投稿下さい。
「この銘柄は上がるのか?」「テクニカル分析について」「今後の日経平均株価は?」「黒岩先生の好きな色は?女性のタイプは?」…何でも構いません。採用された場合には、当コンテンツ内で掲載させて頂きます。

尚、銘柄に関するご質問等に関しましては、あくまで黒岩先生の私見によるものであり、投資に係わる最終決定はご自身の判断にてお願い致します。

また、黒岩先生への誹謗中傷はご遠慮下さい。当コンテンツは、黒岩先生と、株のビギナー、ベテランに限らず広い読者の方々との交流を目的としています。心優しい黒岩先生がその小さな胸を痛めてはいけません。故に、先生と呼ばれる個人への最低限の節度を持って、ご質問頂けますようお願い致します。(尚、これはフリではありません)

“[質問]GNI(2160)はいくらぐらい迄下がりますか?” への2件のフィードバック

  1. 先生 のポエム楽しく読ませていただいてます 株よりために成ります 藤井先生の e
    スポーツの本命は3911エイミングと 23日に教えてくださいまして 24日 480.で
    かいました。 先生の売りめやすを 教えて下さいますでしょうか。

    1. E-kabu運営事務局です。

      ご質問を採用させて頂きました。

      黒岩先生からの回答の時期は記事掲載をもってかえさせて頂きます。予めご了承下さい

黒岩先生への質問をどうぞ
(例:投資法、テクニカル分析について、銘柄について、黒岩先生のプライベートについて…など)
質問が採用された場合は順次掲載させて頂きます。

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ