[日露首脳会談]北朝鮮問題と北方領土問題の先行きについて

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【産経ニュース】
http://www.sankei.com/world/news/170427/wor1704270047-n1.html
ロシアのプーチン政権が北方領土問題で軟化しないのは、同盟国であるアメリカのトランプ政権が親ロシアから方向転換していることもひとつの要因になっていると思われる。トランプ政権は当初、ロシアに接近することを試みたが、米軍産複合体がそれを許容しなかった。結果、トランプ大統領が推し進めようとする政策を、議会でことごとく否定。トランプ大統領の政策実行能力が問われ、トランプ大統領は軍産に歩み寄らざるを得なくなった。それが最近のシリア攻撃であり、北朝鮮に対する態度となって表れている。米国内の政治運営を円滑に進めるために、対外政策の大幅な方針転換を余儀なくされたということである。

当然、日本はアメリカの同盟国という名の「属国」であることから、「親ロシア」に突き進むことはできなくなった。もちろんロシア側もそれを認識しており、そのような意味で北方領土問題の早期の解決はあり得ない。むしろ状況が悪化する可能性が高く、それは対北朝鮮政策にも表れてくるだろう。

もし、中国が北朝鮮に対して原油輸出を停止した場合、ロシアがその代役を務めると言われている。国際社会によるせっかくの「兵糧攻め」が、ロシアの援助によって台無しになってしまうということだ。そういったなかでの日ロ首脳会談であり、生産性はまったくないだろう。いわゆるグローバリストの嫌がらせによって、トランプ政権がフン詰まり状態となっている。それが日本の対ロシア政策にも影響しており、首脳会談もあまり意味のないものとなっている。親分格のロシアに子分の日本が会ったところで、結局、話は「親分同士で決めてくれ」ということである。

 

“[日露首脳会談]北朝鮮問題と北方領土問題の先行きについて” への1件のコメント

  1. 黒岩先生、毎日素晴らしいブログをありがとうございます。
    政治、経済等、多方向からの時流解説は大変ありがたいです。
    じぶんの仕事柄、為替動向や、政治の動向についてのコメントや書籍は
    20年以上目を通すようにしてまいりましたが、黒岩先生のブログに出会ってからは
    本当に安心しております。
    これからもご活躍を心から応援しております。

    長野県長野市在住

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ