ドル反発で米指標堅調で6月利上げの可能性

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ロイター】
http://mcaf.ee/7dbcg3

そもそも、米FRBが利上げを急ぐ理由はただ一つ。「ドル防衛」である。リーマンショック以降、量的緩和(QE)によって膨らんだFRBのバランスシートを覆い隠すため、「利上げ」という単純な金利政策によってドルを守ろうとしている。足元では経済指標の好調さもあり、利上げ環境は整っていると判断。「6月利上げ」は濃厚となりつつある。

当然、お金は「金利の高い方」へと流れる傾向があることから、FRBによる利上げはドル高・円安要因となる。これが足元の円安歩調を支えているのだ。

もし、6月利上げが実施されなくても、市場は「早期利上げ」を想定しており、この点でのドル安・円高歩調には変化はない。日銀の金融政策に変化がない限り、短期の金利裁定は「ドル高・円安」に働きやすいのだ。

ただ、中長期の視点でみると、ドル高・円安は約束されたものではない。なぜならば、日本が経常黒字を積み上げる一方で、米国は常に経常赤字となっているからだ。この差があとになって響いてくる。また、物価の面においても、円高・ドル安が進みやすくなっている。これがボディーブローのように為替市場に響いてきて、いずれ円相場は1ドル=100円を切るような円高になるのだろう。そういった前提で見る必要がある。

だから、足元の米利上げは日本株にプラスに作用する可能性は高いが、中長期的には為替は日本株に対して強いマイナスのインパクトを与える公算が大きい。その点を留意しておきたい。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ