米FOMC、0.25%利上げ・年内に資産圧縮開始・今後の日経平均は?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【時事通信】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170612/k10011014961000.html

 

今回のFOMCでの利上げは織り込み済みの内容であり、市場でのサプライズはまったくありません。FRBは「ドル健全化」に向けた動きを強めており、これが「利上げ」という形で現れています。

実際の経済はリーマンショック以降、さえない動きとなっており、発表される経済指標はいわば「利上げのための捏造されたデータ」と言えるものになっています。その典型が雇用統計であり、モデル式を使った推測値が使われています。これを意図的に操作することで、「雇用が堅調」と見せかけているのです。その雇用統計などの経済指標を根拠に利上げが実施されています。

国際金融市場では、「高いところ」にお金が流れる仕組みになっています。何が高いのかと言えば、それは「金利」です。欧州や日本などと比べて、一方的に米国が利上げを実施、示唆すれば、それだけでドルが高くなるのです。これが「ドル健全化」のためのひとつの手段となっています。

なので、FRBは利上げを執拗に示唆することで、「ドル高」を狙っているのです。それによってドルという通貨発行権(打ち出の小槌)を維持しているのです。

ただ、足元では米利上げにも関わらず、ドル・円相場の動きは限定的となっています。利上げが為替に働きかけるパワーが臨界点に達している可能性があり、そのような意味で近い将来、円高・ドル安リスクがあります。

そもそも日本は経常黒字国、アメリカは経常赤字国という違いがあります。これは中長期的に見て、円高・ドル安をもたらすものであり、これを十分に考慮しなくてはいけません。いずれ1ドル=90円台時代が訪れる可能性が高く、投資家はそれを前提にトレードする必要があるでしょう。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ