東芝・半導体子会社の売却先が日米韓連合で最終調整か

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ロイター】
https://jp.reuters.com/article/toshiba-chip-idJPKBN19B1XY

 

 

東芝の半導体事業の売却の優先交渉権は、日米韓連合が獲得することになりそうだ。革新機構と日本政策投資銀行が出資することになり、これは「政府のお墨付き」があるということ。米ウエスタンデジタルの訴訟リスクは残るものの、大方、このラインでの決着するのであろう。

東芝にとって半導体事業を2兆円規模で売却できれば、それはイコール「生き残り」を意味する。株式価値云々の話は別として、とりあえず市場で取引されることになる。

株式価値として重要なのが、「流動性」である。投資家が売買できる市場が存在していることが重要であり、それは2部の降格しても確保されることになる。

問題なのは、積み上がった信用残である。売り残が8千万株以上残っており、場合によっては大規模な踏み上げ相場に発展する可能性がある。チャート上でも上方に窓が空いてる真空地帯を通過中。「破綻がない」ということになれば、売り方は買い戻しせざるを得ない。日経平均の採用からは外れ、その代わりにエプソン(6724)が入るという話があるが、東芝にとってそれはあまり重要ではない。当然、採用から外れることは織り込み済みであり、それ自体で株価が改めて下落するようなものでもない。もし、「買収金額の上乗せ」などというニュースが飛び込んでくれば、その踏み上げ相場のスイッチに火が点くかもしれないのだ。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

新生ジャパン投資

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19   ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ