イエレンFRB議長、米議会証言「資産縮小は年内に開始」

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H8J_S7A710C1000000/

イエレンFRB議長が「保有資産の縮小」について言及したことは、市場では想定通り。「金融の正常化」「出口」に向けて、着実に前進していくという意味であろう。

そもそも、FRBが資産を膨らませたのは、08年リーマンショック以降。金融機関などの救済のために、国債や証券化商品を買い取り、バランスシートを膨張させたのだ。中央銀行の資産拡大は、金融市場への資金供給を意味することから、これが危機を救った大きな要因となっている。

もちろん、この巨額な金融緩和は、副作用を伴うもの。ドルの価値を低下させることになり、FRBの信用問題に発展する可能性があった。

FRBというのは「中央銀行」となっているが、正確には「私立銀行群」である。1民間機関であり、その点を勘違いしてはならない。ドルの通貨発行権を牛耳り、それを支配の道具として使っている民間機関である。

なので、彼らの既得権益を維持するためには、ドルが紙くずになることを避けなければならない。その価値を保つために使われているのが「利上げ」という手段である。

通貨というのは、基本的に「相対的なもの」。金利が高い方が、買われやすい傾向がある。「お金は高い方へ流れる」――一般的にはそう説明されている。

なので、ドルの通貨価値を上げるためには、「利上げをほのめかす」のがもっとも手っ取り早い。資産縮小という実弾を回収するより、実際に利上げをしなくても、「利上げをする」と発言するだけで、その通貨は上昇する傾向がある。それは国際金融市場で「金利裁定」が働くからであり、その効果をFRBは狙っている。日本や欧州よりも、より強い金利引き上げ見通しを立てれば、金利裁定によって通貨が上昇するのだ。

なので、今回のイエレン議長の議会証言はそれを意識してのもの。経済や金融の健全性をアピールしながら、緩やかな利上げを示唆する――それが最も効果的と判断しているのだ。

我々はこういったパフォーマンスをまともに受け取ってはいけない。なぜならば、もともと各国が行っている「異次元金融緩和」は「出口のないお化け屋敷」だからだ。決して脱出することはできない「底なし沼」なのである。「出口がある」という希望を抱かせることによって、現行の金融システムを維持しているだけである。

なので、イエレン議長の「立ち回り」「演技」が上手であれば、それは思惑通り「ドル高・円安」が進行し、日本株市場にとって輸出関連株中心にプラスとなる。逆に演技が下手だと、そういった銘柄が売られることになる。「議会証言」というパフォーマンスの良し悪しが日本の株価を決定しているのだ。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

Admiral Investers

弊社代表であり、元フィスコ執行役員を経て20年以上も金融情報配信サービスに携わる超ベテラン・藤井英敏 さらに政策金融公庫、投資顧問で勤務の経歴から日々のアクセス数が2万件以上の「hinaの株ブログ」を開設し、多くのメディアに登場中のトップブロガー・hina氏、 そして女性投資家の草分け的存在「元祖カブドル」でありながら、16万部のベストセラーの『株が好き♪』など他多数の著書の他、TOKYOMXテレビの人気番組『5時に夢中!』レギュラー出演中の株式トレーダー・タレントの若林史江氏株式投資業界で異彩を放つ上記3名のカリスマをコラムニストに迎えた『Admiral Investers』。急騰期待&有力銘柄情報の他、投資に役立つ無料コンテンツが充実。今ならば新規登録で《厳選1銘柄》が無料でもらえます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ