北朝鮮ミサイル発射と米軍爆撃機…今後の米朝の動きを考察

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【読売新聞~米、ロシア企業にも金融制裁へ…~】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00050129-yom-int
【ロイター~米空軍、朝鮮半島上空で爆撃機飛行~】
https://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-usaf-idJPKBN1AF052

 

北朝鮮のミサイル発射に対して、アメリカのトランプ大統領は中ロに対してプレッシャーをかけ始めた。「直接制裁しないのなら、我々が間接的に制裁をかける」とばかり、中ロの企業に対して金融制裁をかけると言い始めた。トランプ大統領の政策実行能力が問われるなか、議会対策として、中ロへの圧力を強めることで、軍産複合体に一定の譲歩を示しているのであろう。

もちろん、経済制裁というのは、「戦争」の準備段階としての第1歩となる。相手を兵糧攻めすることで、強い反発を期待しているのだ。太平洋戦争で日本が真珠湾攻撃したのは、原油などのライフラインを封鎖されたことが大きな要因となった。北朝鮮に対してもそういった「外堀」を埋めることで、何かしらの反発を狙っているのだ。

なぜそういうことをするのか。もちろん、米国という大国が北朝鮮という小国を一方的に攻撃することが、国際世論の共感を得られないからである。米国にとって必要なのは「大義名分」であり、真珠湾攻撃、NY同時多発テロのように「被害者」になることが必要なのだ。「攻撃されたからやり返す」という大義名分が必要なのであり、それを北朝鮮に要求しているのである。それが兵糧攻めの目的だろう。まだ、制裁としては第一段階。すぐに戦争が起こるというわけではない。北朝鮮が「窮鼠、猫を噛む」ということになれば、「いよいよ」ということになる。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ