[東芝]上場維持見通せず…東証2部へ降格

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【毎日新聞~<東芝>上場維持見通せず~】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00050129-yom-int

 

東芝(6502)が屈辱の2部降格。それでも初日は株価が7%以上も上昇した。「降格なのになぜ?」と疑問に思う投資家も多いことだろう。これが株式投資の難しいところ。

東芝の「2部降格」に関しては、あらかじめ投資家の多くが知るところであった。なので、今日、実際に降格したことで、「材料出尽くし」となったのである。

また、東証一部の銘柄しか運用できないファンドなどは、昨日の大引けまでに東芝株を半強制的に売却。そういった売り圧力が消滅したため、本日は上昇したとの見方も出来る。投資家が思っている以上に、株価の動きは単純ではないのだ。

2部降格になったところで、すぐに上場廃止になるわけではないし、「売買できる」という点では流動性・換金性が確保されている。なので、特に「慌てて売る必要はない」だろう。

チャートは本日の上昇によって、いったん「強気転換」となっている。「もうこれ以上、強い売り圧力には晒されない」との見方があるからだろう。

ただ、1部の2部の差は、徐々に出てくることになる。参加できる投資家が限られており、出来高が逓減することが予想されるのだ。今、分厚い板だが、徐々に薄くなっていくことが予想される。もちろん、個人投資家が売買するレベルでは何の支障はないのだが・・・。

東芝株は「上場廃止」を含んだギャンブル株である。業績云々というよりか、「生死」を賭けた究極の「チキンレース」となっている。当然、「延命」ということになれば、シャープ(6753)のような復活劇が期待できるだろう。しかし、その逆となれば、投資家にとって悲劇的な事象が起こることになる。もちろん、東芝は「国策企業」であることから、最終的には「救世主」が現れることになるのだろうが、それまでは「ヤキモキ」する展開を余儀なくされる。心臓の悪い投資家は参入しない方が無難だ。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ