北朝鮮「先軍節」&ジャクソンホールなどイベント通過の相場は?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【時事通信~北朝鮮の「先軍節」で厳戒~】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000013-jij-kr
【みんかぶ~ジャクソンホール会議~】
http://minkabu.jp/news/1358569

 

先軍節という北朝鮮にとっての重要な記念日で、金正恩委員長がミサイル発射を指示することはないだろう。敵国であるアメリカのトランプ大統領が、対北朝鮮政策で融和的な発言をしているからだ。「あえて虎の尾を踏む必要はない」という打算が働き、ミサイル発射は猶予されるだろう。

そもそも北朝鮮によるグアム攻撃などは、対話を促すための脅しにすぎない。現時点ではそういう判断だ。

だが、北朝鮮はアメリカ本土を脅かすほどのミサイル技術を手に入れてしまった。それをアメリカは看過することはできないのだ。

だから、いずれは攻撃するのであろうが、今はその準備期間中。過激な発言で北朝鮮が勝手に暴発するのを阻止しなければならない。日本や韓国に向けて武器輸出が完了するまで、一定の猶予期間が必要なのだ。

ジャクソンホール会合に関しては、破たん寸前の先進国の中央銀行トップが、既存の支配構造を維持するために使われている発表の場。将来的な金融政策の方針を示し、金融市場におうかがいを立てる場でもある。「こんな感じにしますけど、大丈夫ですか」的な意味合いが大きい。

アメリカも日本そして欧州も、リーマンショック以降、金融はボロボロになっている。それを中央銀行の「量的緩和」という非常手段によって延命しているのが現状だ。これは「出口のないお化け屋敷」みたいなもので、そもそも「出口論」なんていうものは存在しない。出口があるように見せているだけであり、それが通貨価値の維持に役立っているのだ。米国を見れば、それは明らかだろう。利上げの可能性を醸し出し、ドル高を誘導している。そうやってドルの通貨発行権という「究極の打ち出の小槌」を維持しているのだ。金融政策といっても、所詮は紙と紙のバーター取引。アメリカで言えば、米国債とドルを交換することで、金融システムが維持されているのだ。その茶番に我々は付き合い、そして騙されている。お金を価値のあるものだと信じ込まされ、それを自由に発行、使っている勢力があるということなのだ。

だから、ジャクソンホール会合においては、大きなサプライズはないだろう。市場を動揺させる理由がそこにはないからだ。そういった意味では来週の株式相場は「イベント通過」の安心感から上昇しやすい。しかし、日本株に関しては、「近くの戦争」を徐々に感じとっており、チャートは弱気形状。一時的に上昇する場面があったとしも、早々に下値を試しやすい。上昇局面は「戻り売り」で対処しなければならない。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ