注目のEV・リチウムイオン電池関連~日産自動車が東風汽車とEV開発~

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【時事通信~日産、19年にも中国専用EV東風汽車と~】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900980&g=eco

 

これから世界の主流となるのが電気自動車である。ガソリン車やディーゼル車では排ガス問題があるが、電気自動車にはそれはない。クリーンな移動手段として、シェア拡大が見込まれるのだ。同時にビッグデータをAIで分析するIoTの時代には、その動力源として電気が最適。自動運転技術の向上と相まって、電気自動車が普及することは間違いないだろう。

そのようななかでの日産が、中国企業と共同開発に乗り出した。中国企業と組むメリットは、リチウムイオン電池の部材を安く調達できるメリットがあるからだ。

そもそも電気自動車の弱点は、航続距離と充電拠点の数である。安くて性能の良い電池が開発できれば、一気に普及するメドが立つのだ。中国系新興企業には、このような潜在的な能力を持った企業が数多く存在する。電気自動車の部材の数はガソリン車などに比べて少なく、参入障壁も低い。中国で開発するメリットはそこにあると思われ、「ゴーン氏の英断」ということになるのだろう。

なので、それに関連する銘柄は何か、ということだが、むしろ日本企業には逆風が吹く可能性が高い。将来的には自動車業界はAIを得意とするグーグルをトップとしたピラミッド型の階層組織(ヒエラルキー)が確立することになる。そのなかで日産が中国企業と共同開発するということは、「下請け組織の強化」である。最終的に車製造メーカーとして生き残るための「苦肉の策」でもあるのだ。投資家の視点としては、「リチウムイオン電池」という細部にこだわるのではなく、全体像を見るように心掛けたい。

 

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

新生ジャパン投資

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19   ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ