北朝鮮が水爆実験を敢行、迫りくる戦争について

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【NHK~トランプ大統領「敵意で満ちあふれ」~】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170903/k10011125381000.html
【毎日新聞~安保理追加制裁 石油禁輸が焦点~】
https://mainichi.jp/articles/20170904/k00/00m/030/119000c

 

 

 

北朝鮮の核実験は約1年ぶり。日本でも速報が流れたほど、国際社会に緊張感を与えるものだ。しかも、今回は「水爆実験」とされており、これまでの「原爆」とはちょっと違うもの。威力も格段に増しており、「北朝鮮の脅威」を改めて誇示した格好となっている。

そもそも水爆は、原爆をよりグレードアップさせたもの。原爆で生じるエネルギーを使って、水素(重水素)を「核融合」させたものだ。原爆は「核分裂」であることから、「核分裂」→「核融合」という二段階方式になっている。その分、技術面では難しく、より大きなエネルギーが生じることができる。

北朝鮮が先のICBMとみられるミサイルの発射実験を成功し、そして今回、より強力は水爆実験を成功させた。つまり、「米本土に届く大量破壊兵器」を手に入れたことになり、当然、米国にとっては看過できない事象となっている。トランプ大統領が強い口調で非難するのは当然であり、北朝鮮も米国との対話を引き出すための道具としてそれなりの成果を感じているだろう。

だが、北朝鮮という国は、米国にとって生かされている国。やろうと思えば「瞬殺」できる国であり、そのカードを温存してきた経緯がある。

しかし、今回の一件において、「レッドライン」は完全に越えており、米国はもはや許容できないだろう。国際社会の認識としても、「抹殺すべき」と考えており、米中ロの大国がいよいよ動き出すことになりそうだ。

対北朝鮮への経済制裁はその準備であり、北朝鮮の「暴発」を誘発するものだ。在韓米軍や周辺海域にいる米艦船などに攻撃を加えることになれば、「戦争の導火線」に火がつくことになる。

これまで何度も申し上げているが、当然、そこに必要となるのは「自国民(米国民)の被害」である。国民感情を盛り上げ、対北朝鮮攻撃を正当化する世論形成が必要となるのだ。当然、国際的な「大義名分」も重要となってくる。一種の「ショックドクトリン(真の変革は危機によってのみ可能)」を使って、北朝鮮を制圧することになるのだ。今回の核実験によって「戦争の足音」はより大きくなったと言えよう。もちろん「近くの戦争」は日本株にとってマイナス要因である。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ