NATOは北朝鮮へ圧力強化も、日露首脳会談では溝

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ロイター~北朝鮮への圧力強化を、NATOが声明~】
https://jp.reuters.com/article/nato-north-korea-idJPKCN1BI0E5
【日経新聞~北朝鮮「緊密に連携」 圧力強化では溝 ~】
http://jp.reuters.com/article/russia-japan-kp-idJPKCN1BI2YJ
そもそもNATO(北大西洋条約機構)は戦後、欧米で結成された軍事同盟である。アメリカがその中心的な役割を果たしており、ソ連を中心とする東側諸国に対抗するために作られた。それが現在では北朝鮮に対する軍事同盟的な役割を果たしており、アメリカはまずはNATO同盟そして国連同盟という形での発展を狙っているのであろう。

それに対してロシアや中国はいまのところ冷静だ。北朝鮮と極東地域で経済的なつながりがあることが要因となっており、「米国のすぐにでも軍事行動」に異を唱えている。実際、ロシアや中国は北朝鮮と地続きになっており、いざ戦争となれば難民の流入などが予想される。遠く離れたアメリカと事情が違うのである。

だが、アメリカが国際的な包囲網を広げるなかで、ロシアや中国はどこかで妥協せざるを得ないだろう。なぜならば、北朝鮮の核・ミサイル技術の進歩を放置しておくと、いずれは自分の首元にナイフを突きつけられる可能性があるからだ。なので、現段階では「北朝鮮攻撃に反対」の意を表しているロシア・中国も、いずれは国連決議にしたがって容認せざるを得なくなる。それがメインシナリオだろう。

当然、いったん「北朝鮮を攻撃する」と決めれば、それぞれの国が自国の利益を最優先することになる。北朝鮮に眠る豊富な天然資源を巡って、争いが起こるはずだ。少しでも権益を増やすために、積極的に北朝鮮攻撃に加担せざるを得なくなる。その交渉を米中ロが水面下で行っているとみる。

だから、いずれ「近い戦争」が起こることになり、投資家は「暴落」に備えなければならない。米国の軍事力からすれば、北朝鮮を抹殺するには1時間もあれば十分だ。しかし、米軍産複合体の要望により、武器や弾薬の大量消費を行わなくてはならない。北朝鮮の地で「在庫一掃セール」が行われるのだ。したがって、核爆弾の投下などという荒っぽい真似はしないだろう。地上部隊を送り込み、真綿で首を絞めるようにジリジリと平壌に向かっていく。湾岸戦争のような持久戦を狙っていると思われる。株価は長期化する戦争を嫌気して、下値模索の動きが続くだろう。

もちろん米国からの先制攻撃はご法度だ。戦争開始には必ず自国民の被害が必要であり、今はそれを待っている状態。国際的、経済的に北朝鮮を追い詰め、暴発を待っているのだ。そのための国連安保理、NATOであり、一時的に味方役を演じているロシア・中国なのである。役者が揃ったことで、「開演」はもう間もなくとなる。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ