[東芝] 日米韓連合の中核・米投資ファンドと協議の覚書

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【NHK~“日米韓連合”中核の米投資ファンドと覚書~】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137581000.html

東芝が今、行っているのは「条件闘争」である。半導体子会社をどの陣営に売却するにしても、「より良い条件で」と思っているのだ。ウエスタンデジタル(WD)の条件が思いのほかきつかったので、戦略的に「日米韓連合」に話を投げたのである。これによって「WDが少しでも折れてくれれば」と考えているのだ。

東芝が求めているのは、①3月末までに債務超過を解消すること、②経営権を奪われないこと――大きくはこの2点である。だから、もしWDの横やりが入って、売却時期が先延ばしになることを絶対に避けなければならない。そういった意味でWDは裁判所への申し立てを行っており、東芝の生殺与奪の権を握っていると言えよう。なので、最終的にWD陣営に売却される可能性が高いと考えたい。条件を緩和した形で、東芝との交渉が進められると思われる。

ただ、いずれの陣営に売却するにしても、東芝の「生き残り」は確定的であると思われる。すったもんだで「売却が間に合いませんでした」という最悪の事態は避けられるに違いない。その場合、株価は上昇する確率が高い。とりあえず「延命」ということになれば、上場廃止や経営破綻を予想していた投資家の買い戻しが期待できるからだ。持続的な上昇になるかは疑問だが、ひとまず買い戻しの動きが優勢となるだろう。400円台乗せはそう難しくないと考えたい。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ