小池・前原氏が本日会談、永田町寸劇の目的は?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【NHK~前原代表・小池氏、本日会談~】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171004/k10011167861000.html
【毎日新聞~希望から離反も~】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000104-mai-pol

そもそも今回の総選挙の目的は、「憲法改正」にあるということだ。安倍政権を「モリ・カケ疑惑」から遠ざけ、改めて改憲勢力を結集。日本を牛耳る米国の支配層が考えたシナリオと思われる。

 

その方法として、小池氏を執拗に持ち上げ、ここに「反自民票」を集めるのだ。結果的に「立憲民主党」の立ち上げによって、総選挙は「保保革」の三つ巴となったが、最終的に改憲勢力が3分の2を占めることになれば、国民の審判を仰いだということになる。

重要なのは、その枠組みがどうなるのかということ。自公で3分の2を確保できれば、それはそれとして良いのだろう。しかし、3分の2を割り込んだ場合には、野党との連携が不可欠となる。少数であれば、維新と連携すれば済むが、大きく割り込んだ場合には、希望との連携も視野に入ってくる。

希望の党が「踏み絵」として、憲法の積極的な見直しを掲げているのは、総選挙後に「自公との連立」を視野に入れているからであろう。消費税反対や原発廃止など、リベラル色の強い政策を織り交ぜて、有権者を煙に巻いているのだ。本当に実現したいのは、「憲法改正のみ」――そういった雰囲気がにじみ出ている。

もし、自公が議席を大きく減らした場合、小池氏にとって大連立が「首相への唯一の道」となる。そこに賭けているのだ。「自公大幅議席減→安倍首相退陣→希望との大連立→小池氏の発言拡大」――その先に首相の座が待っているいうことになる。「今回ではなく次」ぐらいの感じアプローチするのであろう。だから、小池氏は出馬するに違いない。わずかな可能性だが、そこに賭けると考える。

「与党の事実上の敗北」はマーケットにとってマイナス材料だが、総選挙という不透明要因が解消すれば、すぐに見直し買いが入ってくるだろう。あとは、北朝鮮の暴発がいつ起こるのか、ということ。なぜか選挙期間中は大人しい北朝鮮だが、何か裏でつながっているのか、などと勘繰ってしまう。「安倍首相が官邸で待機していたらミサイル発射」はいまや常識となっており、そういった国際的な連携プレーもあるのだろう。「米国のために戦争できる国」にするために、「小池劇場」は演じられている。そういった冷めた目線で「永田町寸劇」を観ることにしたい。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ