[質問]インフォテリア(3853)は高値更新は可能でしょうか?

教えて!!黒岩先生

[質問全文]
いつも参考にさせて頂いております。質問させて下さい。

インフォテリアを1254円で買いました。その後ぷらっとホームとIoT分野で連携するとの材料がありました。これではまだ上値は重いでしょうが、今のところ、いつ垂れるかわからないチャート形状です。材料次第では今年7月以来の高値更新が可能な会社だと見ていますが…正直心配です。ご意見をお聞きかせ頂ければ幸いです。(by ゆあさ 様)

[回答]

ご質問ありがとうございます。

※チャートは10/10終値時点

確かにチャートは10/3の長い上ひげが出現したことでによって、上値を抑えられています。調整色が強くなっており、さらに下落しそうな雰囲気になっています。

しかし、「窓・壁・軸理論」によれば、1090円付近に「ファンダメンタルズの壁(割安の壁)」が存在していることが濃厚になっています。足元の下落はあくまでも「需給要因(高値で買った人の損切りの動き)」であり、大きなトレンドに変化はないと考えます。下値メドとして意識されるのは、当然、下方の窓(1219円―1229円)であり、ここまでの下落は「許容範囲」と考えます。

チャート分析は以上のようになりますが、個人的に気になるのが、ゆあささんの「正直心配です」というコメントです。

投資というのは、心配性の人ほど負けやすい傾向にあります。なぜならば、自分の投資手法に自信が持てず、投資行動が値動きに左右されてしまうからです。上がってくれば楽観的になり、下がってくれば悲観的になる――そんな傾向が強いのです。

だから、思わぬ下落に遭遇した場合、怖くなって安値で損切りしてしまうリスクがあります。いまは大した下落ではありませんが、もし、それ以上の下落となった場合には怖くなって、衝動的に投げ売りを出してしまう可能性があるのです。

なので、なぜこの銘柄を選んだのか、どういったときに利食い売り、損切りを出すのか――そんへんを明確にしておく必要があります。

「窓・壁・軸理論」の損切りのラインは、終値ベースで窓下限(1219円)を割り込んだらです。それまでは何もすることはありませんし、当然、心配する必要はありません。負けたら負けたで、次の銘柄を探すまでです。

重要なのはそういった明確な判断基準を持つということです。自分の投資金額はいくらなのか、一銘柄あたりの配分はいくらなのか、どういったときに買い、どういったときに売るのか――明確なルールを作ることです。行き当たりばったりの投資では勝つことは難しいでしょう。それが株式投資というものです。銘柄選択の仕方を含め、改めて考えてみる必要がありそうです。

 

【E-kabu運営事務局より】

Q&Aコーナー『教えて!!黒岩先生』では投資のプロである黒岩先生への質問を募集しています。当ページ下部にある専用フォームよりご投稿下さい。
「この銘柄は上がるのか?」「テクニカル分析について」「今後の日経平均株価は?」「黒岩先生の好きな色は?女性のタイプは?」…何でも構いません。採用された場合には、当コンテンツ内で掲載させて頂きます。

尚、銘柄に関するご質問等に関しましては、あくまで黒岩先生の私見によるものであり、投資に係わる最終決定はご自身の判断にてお願い致します。

また、黒岩先生への誹謗中傷はご遠慮下さい。当コンテンツは、黒岩先生と、株のビギナー、ベテランに限らず広い読者の方々との交流を目的としています。心優しい黒岩先生がその小さな胸を痛めてはいけません。故に、先生と呼ばれる個人への最低限の節度を持って、ご質問頂けますようお願い致します。(尚、これはフリではありません)

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

 

「窓チャート」
http://madochart.com/
役立つ銘柄情報のE-kabuでは「窓チャート」を利用しています。黒岩流の『窓・壁・軸理論』を参考に、窓・Sell/Buyサインを視覚化・機械的に表示されています。その他「本日のサイン」など、便利な機能も充実。是非ご活用下さい。

黒岩先生への質問をどうぞ
(例:投資法、テクニカル分析について、銘柄について、黒岩先生のプライベートについて…など)
質問が採用された場合は順次掲載させて頂きます。

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

株トレード投資顧問

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-21-47 株式会社IIRが運営する「最強!!株トレード投資顧問」は弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ