中国・習氏「米国と並ぶ強国に」共産党大会で長期目標発表

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【日経新聞~中国を米と並ぶ強国に~】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22406730Y7A011C1MM8000/

 

中国が「途上国」であるという認識は、ほとんどの人が思っていないだろう。「経済成長率が高い」という意味では「途上」なのかもしれないが、すでにGDPの規模は世界第2位。アメリカに次ぐ大国となっている。国連安保理でも常任理事国となっており、中国の国際的な影響力はかなり大きいのだ。

そのようななかでの5年に一度の共産党大会。習近平主席からすれば、「権力固めの大会」となる。ロシアのプーチン氏がメドベージェフに一時的に大統領の座を禅譲したのと同様、どうやって自分が支配者として権力を握り続けるのか、手腕の発揮しどころとなる。

事実、中国は共産党の独裁政権となっており、かつての天安門事件のような国民の反逆をもっとも恐れている。国民の不満を解消すべく、統制された経済のなかでも高い成長率を目指さなくてはならない。そのために国際的な発言権の増大や、海洋進出、軍事力強化などが執拗に求められている。それが強大化する中国の原動力となっているのだ。

当然、日本にとって中国の強大化は、アジアでの存在価値を相対的に低下させる要因となる。ゆくゆくは中国を中心としたアジア経済圏が誕生することになり、場合によっては通貨の統合なども視野に入る可能性がある。もともとグローバリストである支配者たちは、世界統一通貨を目指している。同じ語源を持つ中国元と日本円と韓国ウォンを統合し、統一通貨への布石とするビジョンがあるとされているのだ。中国の権力増大はそういった可能性を含むものであり、日本としてもいま一度、存在感を発揮せざるを得ないところであろう。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

新生ジャパン投資

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19   ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ