【明日放送!】黒岩先生が「優待生活」で有名な桐谷広人七段とテレビで将棋対局!

E-kabuからのお知らせ

黒岩先生vs「株主優待」桐谷広人氏の直接対決が実現!!

E-kabuコラムニスト黒岩泰が「優待生活」で有名な桐谷広人七段とテレビで将棋対局致します。

放送日は2月10日(土)囲碁・将棋チャンネル(J:COMなどケーブルTVやスカパー!、ひかりTVで放送中)にて20時より放送となります。

 

◆番組タイトル
お好み将棋道場 第246回

【番組表】
http://www.igoshogi.net/program/index.html?td=20180210

桐谷広人七段 vs 黒岩 泰
プロアマ指導対局(飛車落ち)
対局日:2017年11月2日
解説:石川陽生七段
聞き手:高群佐知子女流三段
記録:伊藤明日香女流初段、読上げ:塚田恵梨花女流1級

 

尚、桐谷 広人(きりたに ひろと、1949年10月15日 – )さんは、元将棋棋士で2007年に引退。近年では、バラエティ番組「月曜から夜ふかし」でのテレビ企画をきっかけに、株主優待を使いこなす個人株式投資家として著名となり、マスメディアに頻繁に登場しております。


◆桐谷氏の主な著書

「コンピューター桐谷のこれが矢倉だ〈スズメ刺し〉」
「コンピューター桐谷の 続・これが矢倉だ—2九飛」
「コンピューター桐谷の新・これが矢倉だ 4六銀」
「手筋の集大成 歩の玉手箱」
「歩の玉手箱—楽しく読める手筋の宝庫」
「桐谷さんの株主優待生活」
「桐谷さんの株主優待ライフ」
「桐谷さんが教えるはじめての株主優待」
「桐谷さんのもっと儲かる株主優待生活 NISA対応版」


 

株式投資におけるテクニカル分析の猛者である黒岩先生も、株主優待のカリスマである桐谷氏も、将棋盤に土俵を移してバトルとなります。

 

ちなみに桐谷氏はバリバリの奨励会上がりの元・プロ棋士。

一方、黒岩先生はアマ初段…。

 

飛車落ちのハンデ戦とはいえ、勝敗は明らか…しかし、ここで語られる可能性のあるお互いの「株」についての話題はファンであれば是非ともきいておきたいとこです。

 

放送は「囲碁・将棋チャンネル」にて2月10日(土)20:00より!

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ