米中貿易戦争が激化、日本のGDPを押し下げる試算も

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【産経新聞~日本のGDP1.4%押し下げの試算~】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000014-san-bus_all
【時事通信~政府、米中対立に打つ手なし~】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000014-jij-pol

 

 

米中の貿易戦争が日に日に激化しているが、マーケットはこれをどのように織り込んでいくのか——それが投資家としての最大の関心事だ。米中の報復措置がエスカレートしていくなかで、「落としどころはどこなのか?」--それを市場は探っている。

ただ、少なくとも米中がお互いの利益を損ねるような過度な貿易戦争には突入しない、との見方が大勢だ。今回の交渉術もいわゆる「トランプ流」であり、「高めのビーンボール」はある程度、想定できたもの。それを前提に交渉を進めていくのである。なので、マーケットが「最悪」を織り込みに行っていれば、その後は徐々に「緩和の方向」に向かっていくだろう。足元で株価が堅調に推移しているのも、そういった過度な警戒感が後退したからだと思われる。

もちろん米国は日本に対して、新たな通商交渉を提案してくるだろう。いわゆる個別のFTAというヤツであり、TPPの枠外で1対1の交渉に持ち込まれるのだ。ある意味、それは「属国としての運命」であり、逃れられるものではない。TPPで危惧されていた国家主権を超越するISD条項などがさらに強化される可能性があり、日本は国益を守るのが難しくなりそうだ。「米中貿易戦争の裏で、結果的に煽りを食うのは日本」--そんな図式も見え隠れする。

ただ、それもマーケットにとってはすぐに消化できるような話ではない。時間がかかるものであり、そういった意味で足元の株価への影響は限定的であろう。投資家はそのことに関して今、特に警戒する必要はないと思われる。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

イーキャピタル(電話で投資&銘柄相談)

イーキャピタルは創業15年以上の老舗投資顧問として業界でも有名です。 以前の投資顧問と言えば有料のQ2ダイヤルに情報を録音し、固定電話から内容を確認しているものもありましたが、イーキャピタルではそのサービスを継続して行っています。流石に現代では固定電話を使う人も少なく、Q2ダイヤルは使っていませんが、市況や推奨銘柄の録音データをイーキャピタルのホームページで毎日聞く事ができます。 また、イーキャピタルは常時10名以上の分析者、助言者が在籍しており、いつ電話をかけても、待たされる事なく銘柄相談が可能となっている所が特徴的です。余程大きな投資顧問でない限り、分析者、助言担当者は5名以下が一般的なのですが、イーキャピタルは2倍以上の人員を割いているという事が特筆すべきところでしょう。 メールが面倒な人、電話で直接お話をしながら助言を受けたいという方にはイーキャピタルが最適と言えます。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ