安倍首相「忖度なかったとは言い切れない」…アベノミクスはどうなる?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ロイター~加計問題で安倍首相~】
https://jp.reuters.com/article/abe-sontaku-idJPKCN1IF0B5
【日刊ゲンダイ~アベノミクス後の日本経済~】
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228409

一連の「加計問題」の流れを見ると、正直、安倍首相と長年の友人である加計氏は「ツーカーの仲」であり、獣医学部新設のことも十分承知したいたように思える。それを「加計ありき」でないことを知らしめるために、色々な画策がなされてきた。そう理解するしかないだろう。新設条件に「18年度開学」や「1校に限る」など他の大学が不利になる条件が突然出てきて、京産大が新設を断念せざるを得なかったのも良い例である。長年の友人である加計氏のために、首相秘書官などが「首相案件」として暗躍し、実現にこぎつけたのだと思う。そこに首相の関与があったのか、なかったのか、ということであれば、「首相(議員)と秘書」は一心同体、という選挙戦のルールを適用するまでもなく、明らかであろう。でも、トカゲのしっぽ切りではないが、「本丸」には影響が及ばないように色々な工作をしている。それが現状であろう。

ただ、国民もバカではないので、それぐらいのことは分かる。「事実はこうなんだろうな~」と思いながら、首相らの苦しい答弁を聞かされているのだ。事実、それが支持率低下に結びついており、「森友問題」と合わせて、安倍政権は「死に体」となっている。今は首相交代までの「猶予期間」であり、永田町では静かに「ポスト安倍」の動きが加速している。

マーケットにとっては「アベノミクス終了」が意識される展開となっている。しかし、実行役である日銀の黒田総裁が続投したばかりであり、仮に「安倍退陣」となったとしても影響は限定的であろう。むしろ「ポスト安倍」によって新風が吹き込めば、それを評価する流れになると思われる。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ