取組み-とりくみ

信用取引の売残高と買残高の状態、関係を取組みといい、売残高、買残高とも多いときには取組みが厚いといわれます。
制度信用取引では残高の継続が最長で6ヶ月であり、その決済を反対売買で行うことが多いため、買残高は将来の売り注文、売残高は将来の買い注文となることが考えられます。

また、「売残高÷買残高(%)」を取組比率と呼ばれ、取組比率が極端に少ない場合には「取組みが悪い」、取組比率が相対的に多い状況になると「取組みがよい」といわれています。

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Admiral Investers

弊社代表であり、元フィスコ執行役員を経て20年以上も金融情報配信サービスに携わる超ベテラン・藤井英敏 さらに政策金融公庫、投資顧問で勤務の経歴から日々のアクセス数が2万件以上の「hinaの株ブログ」を開設し、多くのメディアに登場中のトップブロガー・hina氏、 そして女性投資家の草分け的存在「元祖カブドル」でありながら、16万部のベストセラーの『株が好き♪』など他多数の著書の他、TOKYOMXテレビの人気番組『5時に夢中!』レギュラー出演中の株式トレーダー・タレントの若林史江氏株式投資業界で異彩を放つ上記3名のカリスマをコラムニストに迎えた『Admiral Investers』。急騰期待&有力銘柄情報の他、投資に役立つ無料コンテンツが充実。今ならば新規登録で《厳選1銘柄》が無料でもらえます。

新生ジャパン投資

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-17-19   ラジオNIKKEIで毎週月曜日16:10~17:00レギュラー番組「源太緑星株教室」のコメンテーター高山緑星こと、『前池英樹氏』が代表を務める新生ジャパン投資。同氏の未来予測により、これまで的中させてきた全体相場は数知れず。無料登録すれば「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄が、今なら無料でもらえるそうです。是非ともご利用下さい。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ