個別銘柄情報(11/14分)

ストップ高研究委員会

東芝(6502)、野村は投資判断を引き上げ
387.4円 1.9円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を同340円から500円に引き下げた。3D型NANDフラッシュはトップ企業に対して48層で半年以上遅れていたが、64層ではその差が大幅に縮まり一気に3Dシフトを加速させるという。2D型の供給不足は当面続く見通しで、世代交代の端境期ができず高収益を維持できる可能性が高まったと判断したそうだ。会計問題には、情報開示の拡充、技術戦略説明会を実施する等、市場との対話は着実に改善しているという。

THK(6481)、野村は投資判断を引き上げ
2496円 148円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を同2150円から2800円に引き下げた。日本では半導体装置や有機EL装置など電機向け、中国ではスマホ設備向けに受注が足元で堅調で、それが17年前半にかけて続き、売上を支える可能性が高いという。また、中国子会社が2Qに黒字化したように、利益面でも増収が増益へつながる体質へ徐々になりつつあるそうだ。野村の18.3期営業利益予想は250億円でQUICKコンセンサスの同218億円を15%上回るという。

東京精(7729)、野村は目標株価を引き上げ
3000円 282円高
野村證券は、同社の投資判断「Buy」を継続し、目標株価を従来の3246円から3439円に引き上げた。17.3期上期の売上高は前年同期比2.1%減収の371億円、営業利益は同13.8%減益の65億円となり、会社計画の売上高365億円、営業利益64億円を超過。計測事業が期初の会社想定よりも不調だったものの、半導体が期初の見通しを大きく上振れて好調だという。同事業の上期受注は会社想定200億強に対して250億円となったそうだ。メモリ、電子部品、中国、車載が好調で、中長期的にも同社の業績拡大のドライバとなると見たという。

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ