「日立、700億円の営業外損失見通し 、米・原発事業」について

ブログ:黒岩が斬る!!

日立製作所は1日、米国での原発事業で2017年3月期に700億円の営業外損失が出る見通しになったと発表した。世界的に原発の新設が鈍っていることを受け、米ゼネラル・エレクトリック(GE)との合弁会社がウラン燃料の濃縮事業から撤退するため。英国での原発新設については、コスト管理を徹底して予定通りに進めるとした。

http://www.asahi.com/articles/ASK215JBDK21ULFA02N.html

「日立、お前もか!」といった感じであるが、世界的な脱原発の流れから言えば、当然であると言えよう。この記事で注目しなければならないのは、原発事業からの撤退で多額の損失が発生するという事実である。特に日本の原子力産業は、「止めるに止めれない」状況に陥っている。単なる「有害なゴミ」である「使用済み核燃料」を資産計上しているから、原発を停止できない大きな理由となっているのだ。「再稼働停止→使用済み核燃料の減損処理→大幅赤字→債務超過→法的整理」というシナリオが見えるからである。だから、もんじゅのような使い物にならない核燃料サイクルを温存してきたのである。「いや、これはゴミじゃないですよ。れっきとした資源ですよ」と主張したかったのである。
トータル的に「原子力発電はコストが非常に高い」という認識が広まるなか、トランプ大統領が「温暖化ウソ説」を広めてしまった。そもそも海水温が上昇しているのは、「原発の排水が原因ではないか」との見方もあるほどだ。色々な真実が明らかになることで、原発の立場はより厳しいものになるだろう。「福島第一原発事故での死者ゼロ」なんていうのも、もはや伝説となりつつある。2月5日(日)深夜に、大笑い芸人のおしどりマコさんのドキュメンタリー番組が放送されるので、当然のようにチェックをしておきたい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000111-natalieo-ent

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ