「弱気継続、金正男氏は毒物顔面生成か?」

ブログ:黒岩が斬る!!

本日の日経平均は87.92円安の19283.54円で取引を終了した。売り一巡後は急速に下げ渋る場面もあったが、買い戻し一巡後は再び売り圧力が強まる展開。週末要因ということもあり、積極的に上値を買い進む動きにはならなかった。

 

日経平均の日足チャートでは、上ひげが出現。引き続き上値の重さを示唆しており、ボックス相場は継続しているとみる。下方には相変わらず窓(18991.23円―18115.11円)が空いており、これが株価を引き寄せやすい。「上ひげに対して下方に窓」という位置関係になっており、「窓・ひげ理論」の典型的な形であると言えよう。

そのようななか、やっぱり気になるのが、金正男氏の殺害事件である。先ほどマレーシア警察は、「殺害はVXガスによるもの」と発表した。

そこで疑問に思うのが、実行犯の女性二人がほとんど無傷だったということだ。発表では「素手で行った」とされており、これではまったく辻褄が合わないのである。

そこで考えた仮説だが、こういうのはどうだろう。まず、「実行犯が2人必要だった」ということ。そして、この2人がほぼ無傷だったという事実。これらをつなぎ合わせると、「VXガスを被害者の顔面上で生成したのではないか?」ということだ。

まず、アイシャ容疑者が顔面上のどこかにクリーム状のA剤を塗り、次にフォン容疑者が違う場所にB剤を塗る。それを正男氏が手などでこすり、A剤とB剤が混ざり合うという流れだ。これならば、素手で簡単に実行できることができるし、女2人が死に至ることもない。悲劇的なことに、正男氏自身がVXガスを生成させてしまったということだ。仮に、劇薬に触れて女2人が死に至ったとしても、口封じとなり問題はない――これが真実なのかもしれない。

もちろん、私は化学の知識もないし、ましてや毒ガスの知識なんてまったくない。常温で簡単に殺人ガスが生成できるとも思っていない。だが、あらゆる情報(点)をつなぎ合わせ、一つの線、そして面にしていくと、ひとつの「立体像」が浮かび上がってくる。矛盾のない形で情報をつなぎ合わせれば、真実が見えてくるのである。当然、これはひとつの「仮説」にすぎないので、そのうち「違う説」も出てくるだろう。しかし、そういったなかに「真実」が隠されており、これは株式投資をする上で必要な情報処理能力であると考えている。「株価は上がるのか、それとも下がるのか」――多種多様な情報のなかに、真実は隠されている。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ