[相場展望]トランプ相場の息切れと新年度相場

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H0M_R00C17A4MM0000/
【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO14818670T00C17A4PE8000/

 

 

昨秋、トランプ大統領が誕生すると、マーケットは「トランプショックが訪れる」とばかりに怒涛の売りを出した。その後、株価が上昇しはじめると、「トランプラリーが始まる」と節操もなく買い進むのである。そして、足元でNY株の上値が重くなると、「トランプ相場は息切れ」と、あたかもそれを事前に察知したかのごとく、相場を解説するのである。でも、これらはすべて「後講釈」であり、投資家がマーケットに振り回されている証拠。確固たる根拠もなく、相場の前で右往左往しているだけなのだ。

日本株に関していえば、ちょっと危ない相場つきとなっている。なぜならば、足元で日経平均のチャートが崩れており、「ダム決壊」の恐れがあるからだ。その要因のひとつとなりそうなのが、執拗な円高である。米利上げ観測がドル高効果としての影響が限定的となっており、すでに一定スピードの利上げは織り込まれてしまっている。むしろ、日本の経常黒字、米国の経常赤字がボディーブローのように円高・ドル安を促す公算が大きく、そういったリスクをマーケットは抱えている。あとは北朝鮮の暴発リスクだ。これまでは統制されていた極東安全保障だったが、トランプ大統領の誕生によって、その均衡が崩れようとしている。「不測の事態」を招きやすくなっており、それがマーケットの下落要因として作用しそうだ。新年度入りで新規資金は入りやすいが、現時点ではチャートは下方向を示唆。桜の開花と同時に、危険な香りが漂っていると言えよう。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ