[米中首脳会談終了]今後の日本への期待と不安を考察

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【中国新聞】
http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=333189&comment_sub_id=0&category_id=142
【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170408/k10010941171000.html

米中首脳会談において、特にサプライズのある内容はなかった。会談の直前に米国がシリアを攻撃するなど、習近平国家主席としては「顔に泥」を塗られた形となったが、終始、にこやかな笑顔で無難にすごした。

会談の内容で伝わってきているものは、本当に「抽象的なもの」ばかり。対北朝鮮政策、貿易不均衡是正への具体的な対策は発表されておらず、「形だけの首脳会談」ということになるのだろう。

ただ、習近平国家主席は平静を装っていたが、シリア攻撃に関しては内心穏やかではないだろう。韓国のTAARD配備にしても、これは明らかに中国・ロシアに対する包囲網。喉元にミサイルを突きつけられたイメージとなる。「北朝鮮対策」の名のもとに、「中国対策」が行われており、それを許容しがたい状況になっている。

米政権内部は今、「反軍産」から「軍産」へとメンバーが入れ替わりつつある。大統領首席戦略官のバノン氏の更迭も囁かれており、トランプ大統領が議会対策のために、軍産複合体と手を結びつつあるようだ。それがシリア攻撃といういわば「濡れ衣攻撃」として表れており、そういった意味でトランプ大統領の「議会対策」は進んでいるといえよう。トランプが「軍産色」を強めれば、インフラ投資や減税などのトランプ自身が推進している政策も通りやすい。「二兎を追わず、一兎を追う」作戦に切り替えたということになる。トランプ大統領の政策実行能力がアップすれば、当然、米国株にとってプラス材料となる。問題は、戦争の確率がアップすることで、同時に極東の地政学的リスクもアップするということだ。そのバランスのなかで日本株は動いている。今はチャートが弱気形状なので、後者のリスクに敏感になっている状態と言えよう。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ