[日本郵政]4003億円の損失計上、民営化後初の赤字について | 株式投資に役立つ銘柄情報のE-kabu(イーカブ)

[日本郵政]4003億円の損失計上、民営化後初の赤字について

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC25H1P_V20C17A4EA2000/
【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170425/k10010960781000.html

 

投資家が勘違いしやすいのは、「損失=株価下落」と考えている点だ。例えば、東芝(6502)が海外原子力事業での損失発生を受けて株価が急落したことを受けて、「損失=株価下落」と短絡的に考えている。同様に今回の日本郵政(6178)に関しても、海外子会社で発生した損失で赤字転落したことを受けて、「損失=株価下落」と考えがちである。

しかし、株価というのは、「企業収益の一時的な発現(表面化)」を評価されているものではなく、将来的な利益(キャッシュフロー、配当)を現在価値に割り引いたものの合計値として評価されているものである。だから、すでに損失発生が分かっており、それが株価に十分織り込まれていれば、それは株価下落の要因とはならない。

今回の日本郵政の損失の話は、ある意味「前倒し的な損失計上」である。のれん代というのは、企業を買収したときに、その付加価値を資産計上したもの。それを長い期間をかけて償却(費用計上)するというものであり、ある意味「必要なコスト」である。それを前倒しするということは、将来的に損失発生の可能性が低くなるということである。だから、株価はいったん下落し、その後は上方向で反応している。

特にこの銘柄に関しては、その流動性の高さから、カラ売りを引き込みやすく、踏み上げ相場に発展しやすい。そういった需給関係も働いており、足元堅調な値動きが期待できる。「窓・壁・軸理論」ではすでに底入れを果たしており、目先は上方にある3つの窓を目指す展開が予想される。最大で最上段の窓上限(1486円)までの上値余地があり、値幅妙味は十分に残されている。日本経済に与える大きな影響は特になし。「日本の企業は買い物が下手」というイメージだけが残るだろう。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ