[質問]富士フイルムHD(4901)の買いを検討中ですがどうですか?

教えて!!黒岩先生

[質問全文]
こんにちは、先日は「ファイズ」につきましての、質問にお答え下さりありがとうございました。 半日~2日で短期に、買いから入り、売りでリカクと小さな利益をいただいています。 富士写真フィルムの買いを検討中ですが、黒岩先生の見解はいかがでしょうか? GW前で、少々安くなれば買い→1割アップで売りを、たくらんでいます。もはや優良株では、ないでしょうか?(by  しま猫 様)

[回答]

ご質問ありがとうございます。

「富士フイルム(4901)が優良株ではない」ということにはならないでしょう。安定的に1000億円以上の業務純益を叩き出す「優良企業」であり、その評価には変化はないと考えます。

今回の海外企業の会計処理で問題が発覚したことに関しては、「問題がどれくらい大きいのか」を精査する必要があります。現時点では「最大で220億円程度」とされており、影響は極めて限定的と考えます。チャートもすでに底入れの形状となっており、強気に転換しています。

ただ、あえてこの銘柄で「1割アップ」を狙う意味はまったくないでしょう。他にも割安・優良株が存在しており、「火中の栗を拾う必要はない」と考えます。株式投資は売買タイミングも重要ですが、銘柄選択はさらに重要です。現在は強気形状ではありますが、ちょっと怪しげなチャートには触れないのが無難と考えます。
【E-kabu運営事務局より】

Q&Aコーナー『教えて!!黒岩先生』では投資のプロである黒岩先生への質問を募集しています。当ページ下部にある専用フォームよりご投稿下さい。
「この銘柄は上がるのか?」「テクニカル分析について」「今後の日経平均株価は?」「黒岩先生の好きな色は?女性のタイプは?」…何でも構いません。採用された場合には、当コンテンツ内で掲載させて頂きます。

尚、銘柄に関するご質問等に関しましては、あくまで黒岩先生の私見によるものであり、投資に係わる最終決定はご自身の判断にてお願い致します。

また、黒岩先生への誹謗中傷はご遠慮下さい。当コンテンツは、黒岩先生と、株のビギナー、ベテランに限らず広い読者の方々との交流を目的としています。心優しい黒岩先生がその小さな胸を痛めてはいけません。故に、先生と呼ばれる個人への最低限の節度を持って、ご質問頂けますようお願い致します。(尚、これはフリではありません)

黒岩先生への質問をどうぞ
(例:投資法、テクニカル分析について、銘柄について、黒岩先生のプライベートについて…など)
質問が採用された場合は順次掲載させて頂きます。

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

[6239]ナガオカ~ストップ高研究委員会-1月21日版-

連日のストップ高。「スクリーン・インターナルを大口受注」と伝えられており、にわかに人気化している。短期的な振るい落とし場面があれば、拾ってみたい。 ストップ高研究委員会とは… 黒岩泰氏が「明日のストップ高は、今日のストップ高から」をモットーに、「一発高を期待したい」とする銘柄をピックアップして紹介しているコラムです。基本的な考え方の原点にあるのは、黒岩氏が開発した『窓・壁・軸理論』となります。その中では、ストップ高になった銘柄の中に「軸(株価の中長期の方向性)」が大きく傾いたものがあり、それを買うことで、大きなリターンが得られる可能性がある、とされています。尚、黒岩氏の私観では「ストップ高銘柄を買いに行くのはリスクがあるので、基本的に押し目買い狙い」として注目・紹介しています。また、当コラムはあくまで参考となりますので、投資判断はご自身で行って下さいますようお願い致します。 「窓チャート」 http://madochart.com/ 役立つ銘柄情報のE-kabuでは「窓チャート」を利用しています。黒岩流の『窓・壁・軸理論』を参考に、窓・Sell/Buyサインを視覚化・機械的に表示されています。その他「本日のサイン」など、便利な機能も充実。是非ご活用下さい。  

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ