[GW・相場見通し]外部環境への警戒と株価の見通し

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【ZUU online】
https://zuuonline.com/archives/149329
【毎日新聞】
https://mainichi.jp/articles/20170501/k00/00m/010/073000c

先週末の米国株式相場は小幅安。ダウ工業株30種平均は40.82ドル安の20940.51、ナスダック総合指数は1.33ポイント安の6047.61となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は19180円付近での推移。したがって、本日の東京株式相場はもみ合いスタートを想定。先週末の終値近辺からスタートすると思われる。

先週末の日経平均は下方の窓を少し埋める動き。ちょっとした調整一巡感が漂っており、リバウンドしやすくなっている。ただ、現在は上下の窓に挟まれた状態となっており、所詮狭いレンジでのボックス相場。上値は19337.22円、下値は19109.76円に限定されているとみる。約230円程度の幅に収まるであろう。

懸案だった米政府機関閉鎖の話は、米議会が暫定予算案を可決。1週間先延ばしとなった。とりあえず閉鎖は回避されたことで、これは安心感につながりそうだ。

あとは北朝鮮情勢だが、休みの間にミサイルを発射したと報じられたが、これは内陸部に落下し失敗との話。米国のサイバー攻撃で妨害が成功したとの観測もあり、北朝鮮情勢の緊張はやや和らいでいる。米韓合同軍事演習もひとまず終了しており、これも緊張緩和の大きな要素となっている。

今週はまさにゴールデンウィークの連休の谷間であり、市場参加者は非常に少ないだろう。出来高が少なくなる分だけ、意図的な注文には株価は動きやすくなっており、急激な相場の変化には注意をする必要がある。

それでも、5/7(日)の仏大統領選に向けて、投資家はリスクを感じざるを得ない。日本人が売買できるのは、明日2日(火)までとなっており、今週はどうしてもポジション整理の動きが出やすくなっている。これがまた上値抑制要因となり、そのような意味でボックス上限が上値の限界値となるだろう。強気相場は継続しているので投資家は「買いポジション」をとらなければならないが、あまり大きな値動きは期待できないということになる。(黒岩の眼、朝刊より)

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ