[東芝]再び「お墨付き無し決算」か、足下のメモリ売却事業は日米連合有力? | 株式投資に役立つ銘柄情報のE-kabu(イーカブ)

[東芝]再び「お墨付き無し決算」か、足下のメモリ売却事業は日米連合有力?

ブログ:黒岩が斬る!!

【朝日新聞デジタル】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000056-asahi-bus_all
【Bloomberg】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-08/OPM64K6S972801
東芝株に関しては、すでに「ひと山越えた」と考えたい。同社株にとって最悪のシナリオは、資金ショートによる破産法の申請。現時点では東芝メモリの売却が決定しており、そのような意味で当面の懸念はなくなっている。

あとは決算発表延期などによる上場廃止のリスクだが、これも「事実上ない」と考えたい。すでに日本の政府系ファンドによる救済シナリオが浮上しており、これが結果的に海外ファンドとの共同出資になっても、「政府のバックアップ」は揺るぎないものになっている。

仮に監査法人の「お墨付き」がなかったとしても、それを理由に東証がいきなり「上場廃止」にするのは、いかにも乱暴な話。一定の猶予期間が得られるのが本筋であろう。

日本は、いわゆる「国策銘柄」に対してやさしい国。「国が救済する」と決めた企業に関しては、紆余曲折がありながらも、政府の手厚い支援が待っている。

そこで恐ろしいのが、東芝株をカラ売りしている人たちの動向。売り残が大量に溜まっており、これが強烈な踏み上げ相場に演出する可能性が高いのだ。「潰れる」と思っていると、トンデモない仕打ちに遭うことになるだろう。

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ