安保理、北朝鮮制裁強化を決議…北は米中を非難「全面排撃」姿勢

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]
【時事通信】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060400545&g=prk
繰り返しになるが、国際社会の「対北朝鮮政策」は、「いずれ攻撃」で決定していると考える。米中が協調している時点で、北朝鮮の生き残る道はない。当然、ロシアも同調しており、「北朝鮮をどのように料理するか」――それが焦点となっている。

現段階では、北朝鮮は米本土に届くような大陸間弾道ミサイル(ICBM)は完成していないとみる。しかし、早ければ数年以内、場合よっては1年以内にこれが完成する可能性もあり、米国にとっては大きな脅威となる。したがって、北朝鮮攻撃のタイムリミットは約1年。この間に体制を崩壊させるしかないだろう。

ただ、米軍産複合体にとってみれば、北朝鮮への爆弾投下は、有効な在庫一掃セールとなる。イラク戦争以降、大規模な戦争がなかったことから、古い弾薬、武器が溜まりに溜まっている。これを処分することで、新たな設備投資、経済効果が生まれるのだ。景気対策の一環として在庫処理は必要であり、そのためにも短期の戦争終結は避けたいところだ。北朝鮮をどこかが支援する形で、長期化させたいという思惑もあるだろう。そういったシナリオを練っているのだ。その戦争のきっかけに何を持ってくるか。自作自演はありなのか。その点を吟味しているのだ。

今回の国連安保理決議は、そんななかでの北朝鮮包囲網の一環。最終的な攻撃のための「必要な手続き」と見る。これで北朝鮮の「リトル暴発」があれば、ちょっと都合が良い。そんな感じの雰囲気なのだろう。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ