[北朝鮮問題]米首脳、日仏中に電話協議…高まる危機はいつまで?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【週刊現代~トランプ大統領、安倍に通告~】
http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/43693/
【毎日新聞~米仏首脳電話協議~】
https://mainichi.jp/articles/20170813/k00/00e/030/234000c
【Newsweek~北朝鮮問題巡り米中首脳が電話協議~】
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8200.php

 

株価の動きからみると、チャートは完全に終了。投資家心理は悪化の一途を辿っている。その元凶となっているのが、「北朝鮮リスク」。「すぐにでも戦争が始まるのではないか」という懸念がくすぶっている。

実際、北朝鮮はグアム周辺への攻撃を公言しているし、アメリカも9月9日平壌を空爆するとの情報がある。米朝が挑発的な発言を繰り返しており、「戦争の足音」が聞こえているのは事実である。

結論から言えば、「極東戦争」は起こるのであろう。しかし、それには順番があり、まだ本格的な戦闘にはほど遠い状態だ。

仮に平壌攻撃があるとしても、米国民間人への避難勧告が先となる。当然、全面戦争の前には「米国民の被害」という大義名分が必要であり、それもまだ起きていない。市場が考えるほど「すぐに戦争」という状態ではなく、「時間的猶予」は十分にあるのだ。

それでも、実際の株価はそういった「戦争の足音」を着実に織り込む傾向にある。仮に開戦が「来春」だとしても、今から下落相場がスタートしても何ら不思議ではない。

投資家として生き残るためには、いつ本格的な戦争になっても良いように準備をしておくこと。売り主体のポジションを構築することによって、暴落に備えるべきなのだ。「この間、買った材料株がマイナスだから売れない」などと躊躇していると、市場から強制撤退させられることになる。

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ