賃金・物価が誤算、日銀が緩和維持決定

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【日経新聞~賃金・物価が誤算、日銀が緩和維持決定 ~】
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC21H26_R20C17A9EA2000/

米国や欧州が金融政策の正常化を探るなか、日銀だけが「出遅れ」となっている。米FRBが10月から資産縮小、ECBも10月に資産縮小を決断するとみられているなか、日銀だけが相変わらず物価上昇率が2%に届かず、国債の買い入れペースを維持している。「完全に出遅れ」となっているが、もし、日本も「出口」に向かったらどうなるのか――それこそ金融パニックが起こるだろう。

金融市場を国際的なレベルから俯瞰すると、日銀が量的緩和を肩代わりしている構図が見てとれる。FRB、ECBが縮小に向かうなか、それを日銀が一手に引き受けているのだ。つまり、金融パニックが起きないように、バランスをとっているのである。

米国の立場から言えばこうだ。「ちょっとドルの信認が低下してきたので、俺は出口に向かうわ。あとは日銀、頼むよ!」ってな感じである。

そもそも世界を牛耳る金融支配者にとって、「通貨発行権」というオイシイ既得権益を手放すわけにはいかない。だから、宗主国の通貨であるドルを守るため、属国の通貨である円を犠牲にしているのである。日本人の投資家にとってみれば、「円安・株高」が進んで結構なことのように思えるが、ここにトンでもないリスクが存在する。「円安・株安・国債安」のトリプル安が起こる可能性があるからだ。これが量的緩和の副作用と呼ばれるものであり、このままいけば、いずれ訪れることになるだろう。「日本初の金融危機」も決して否定できないのである。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ