米中が北朝鮮制裁情報を共有、マティス長官の発言は戦争の足音? | 株式投資に役立つ銘柄情報のE-kabu(イーカブ)

米中が北朝鮮制裁情報を共有、マティス長官の発言は戦争の足音?

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【朝日新聞~米国、中国と北朝鮮制裁情報共有へ~】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000007-asahi-int
【ホウドウキョク~マティス長官「準備万端にしたまえ」~】
https://www.houdoukyoku.jp/posts/23666

 

おそらく米国の北朝鮮攻撃は規定路線なのであろう。平昌オリンピック、パラリンピックが3月18日に全日程を終了することから、そのあとに「ある事件」が起こり、4月頃に攻撃に移るのであろう。

現在行われている北朝鮮への制裁は、「暴発」を促すもの。もし、これに北朝鮮が素直に応じるのであれば、その事件をきっかけに国連軍という名の米国侵略部隊が北朝鮮を制圧するのであろう。当然、そこでは「武器の大量処分」を行わなければならないので、一定の期間は継続することになる。すぐに金正恩委員長を斬首、というわけにはいかないのだ。探すフリをしながら、色々なところで爆弾を落とさなければならない。これが「公共事業としての戦争」というものである。

もし、北朝鮮が思惑通りに「暴発」しなければ、米国は得意の「自作自演」を行わざるを得なくなる。自国民に被害が出る形で、米国世論を誘導していく「ショック・ドクトリン」が行われるのだ。米国民は「北朝鮮はヒデー国だ。即座に叩き潰さなければ・・・」となるのである。そうやって国際世論のコンセンサスが形成されていく。北朝鮮攻撃が正当化される瞬間でもある。

当然、日本株は「近くの戦争」が決定した時点で、暴落することになる。最悪「取引できないリスク」を織り込む形となり、パニック的な投げが出てくるだろう。だから、投資家は来春の最悪な出来事を想定しながら、トレードしなければならない。暴落をうまく利用すれば、一攫千金も夢ではない。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ