3メガバンク、QRコード決済の規格統一

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【産経ニュース~3大銀QRコード決済の規格統一~】
http://www.sankei.com/economy/news/180228/ecn1802280035-n1.html

 

 

 

「3メガバンクがQRコードの決済に乗り出した」--特段、驚きのあるニュースではない。なぜならば、すでにキャッシュレス化の流れは既成事実となっており、遅かれ早かれ現金は消滅する運命にある。

もちろん、この話と「仮想通貨規制強化」は同一線上にある。そして役所から我々に配られている「マイナンバー」も当然のようにリンクしている。最終的には我々の体(手の水かきの部分)に高性能のICチップが埋め込まれ、これですべて決済する世の中になる。コンビニから勝手に商品を持っていっても、自動的に自分の口座から引き落としされる仕組みになるだろう。

なぜ、このような動きが加速しているのか。それはグローバリストが目指す「人類総家畜化計画」である。言い方は恐ろしいが、簡単に言ってしまえば「とりっぱぐれのない管理社会」である。すべての国民から税金をもれなく徴取し、かつ、反乱分子のいない安定的な社会を構築する。それが為政者、支配者にとっての目標であり、そのために各分野で準備が進められている。

そのなかで「民間発の仮想通貨」はかなり煙たい存在。だから、盗難・流出事件を契機に規制を強化する流れを作った。当然、メガバンクも仮想通貨の運営に乗り出しており、そういった意味では、「ポスト民間仮想通貨」の担い手となるだろう。しかし、こちらは「官民一体型」であり、事実上、支配層の傘下にある。1仮想通貨=1円(1ドル)と固定相場制となり、円やドルの価値を毀損しない形で、仕組み作りがされることになる。「QRコード」はキャッシュレス体制への先駆けというわけだ。

株式市場ではそういった流れが見えにくいかもしれない。なぜならば、本流と亜流が入り混じっているからだ。いわゆる「お墨付き」がもらえるのはメガバンク側であり、雨後の筍のように出てきた民間のそれではない。だから、長期目線で見た場合、「メガバンクと提携」などという報道がなされた企業には投資する価値はあるだろう。純粋に民間なのか、それとも官民一体なのか―—それを判断基準にしたい。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

Million Stock 投資顧問

『この道35年の超ベテランカリスマ分析者』である橋本明男氏が毎日綴る、『ワシの罫線』と、毎朝、“今旬の”、 そして“今だから注目したい” 無料銘柄情報をメールにて配信。その他、「保有銘柄の徹底分析してくれるサービス」や、「日々の日経平均、世界情勢に対する市況」、「橋本氏が率いるMSI助言者の有力株式コラム」、「今が旬な話題の銘柄を中心にこれから狙い目の有力情報」が、全て無料で利用可能となっています。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ