現在の株式市場の不安定さはなぜ引き起こされているのか

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【HUFFPOST~米経済政策の行方…株式市場は不安定に~】
http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/economy-america_a_23372985/

 

足元の不安定な相場の要因は、パウエルFRB議長への不信、そしてボラを利用して儲けようとする投機筋の存在だ。そもそもパウエル議長はイエレン前議長の政策を踏襲し、緩やかな金融引き締めを示唆すると思われていた。しかし、マーケットが思っていた以上に「タカ派」であり、「株価の下落に対して無頓着なのでは?」との懸念が浮上してきた。そこへ投機筋がVIX指数などを意図的に操作し、相場を売り崩すという作戦に出てきた。そしてトランプ大統領の保護主義な政策、米朝開戦の思惑なども絡み、株式相場は下落歩調を辿っている。

米金利上昇に関しては、最近は落ち着いた動きとなっている。年2.9%程度であれば、すぐに「ギリシャ化」という話でもない。マーケットは一応「健全な金利上昇」と受け止めており、米長期金利の上昇を材料に投資家は悲観することはないだろう。

だが、米長期金利上昇にも関わらず、為替がドル高・円安に振れないのは、これまでの金利連動型の為替相場ではなくなったということ。あくまでも「金利」は為替に影響する「短期要因」なので、それが「中長期要因」にシフトしたというわけである。逆の言い方をすれば、「金利を上げたくらいではドルは買えない」ということであり、ここに疑惑の根深さを感じざるを得ない。その疑惑とは、「ドルに対する不信」である。これは2008年のリーマンショック以降、続いていた話であるが、いわゆる量的緩和(QE)の副作用とも言えるべきものであろう。

もちろん為替というのは「相対論」である。「どの通貨が弱いか」という弱者競争であり、そういった意味では、ドルだけが安くなる理由はない。しかし、新議長のもとでの金融政策や、トランプ政権に対する不信、開戦リスクなどを加味すれば、ドルが一方的に売られても何ら不思議ではない状況となっている。そしてそれが「良い金利上昇」から「悪い金利上昇」へと変化したら・・・それこそ金融パニックである。投資家はそういった流れを前提に、ポジションを慎重に構築しなければならない。

 

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

グラーツ投資顧問

株式会社IIRが運営する「グラーツ投資顧問」が広告塔にスター・錦野亘氏を迎えてリニューアルしました。こちらは弊社カブ知恵・E-kabu代表の藤井英敏もコラム提供を行い、情報部部長の伊東氏とも親交のある投資顧問です。 伊東氏は証券ディーラー歴20年以上のキャリアを誇り、リスク管理と銘柄選定に重点を置いた助言が特色です。結果が最優先のディーラーの世界、そこで長年培った投資手法を元に、株トレード投資顧問の会員に厳選した有力情報を提供しています。 投資手法もさる事ながら、伊東氏独自のルートから得た投資情報を「兜町の怪しい噂速報」というコンテンツも無料配信中です。こちらも要チェックの内容となっております。  

勝ち株ナビ

  [1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ