プーチン露大統領が日露平和条約締結を提案…この真意とは

ブログ:黒岩が斬る!!

[参考URL]

【livedoor~日露平和条約にプーチン氏言及~】
http://news.livedoor.com/article/detail/15295831/

 

プーチン大統領の突然の提案に、日本政府は困惑していることだろう。しかし、日本は「北方領土問題の解決なくして、平和条約の締結はない」という立場をとっており、すぐに問題解決ということにはならないだろう。平和条約の締結もないと思われる。

日本はいまだに、米国による実質的な支配が続いている。日本国内に米軍が駐留しているというのはそういう意味であり、日本は米国の「属国」であるのだ。米国にとって日本は、「お財布代わり」にもなっている。米国債という形で本土に資金を還流させ、経済を回しているのが実態だ。

そのようななか、北方領土の位置づけは、日ロの関係を分断させる象徴的な場所。米国にとって日ロ関係が改善すると、政治的、経済的に米国を排除される流れが生じる。なので、対立の象徴である北方領土を「温存」し、両国の関係を分断しているのだ。

ただ、米国がトランプ政権になったことで、そういった流れが変化する可能性がある。それが足元の日ロの接近であろう。覇権国家としての米国の地位が低下すれば、自ずと属国への縛りが緩くなる。そういった流れを期待しているのであろう。

プーチン大統領にとって、日本の資金・技術は魅力的に映っているに違いない。日本が少しでもアメリカから離れるのであれば、それはロシアにとってプラスになると考えているのだろう。現在受けている経済制裁の解除なども視野に入ることになり、ロシアの国際的な立場もアップすると思われる。今回のプーチン大統領の提案は、関税強化を間近に控えたこのタイミングで、日米分断に向けた有効な「くさびの一歩」となりそうだ。

「黒岩アセットマネジメント」
黒岩アセットマネジメントでは窓勝会会員を常時募集しています。「黒岩の眼」(朝夕刊)のほか、「最新株式掲示板」がご覧になれます。リアルタイムのメール配信サービスもあります。

窓勝会のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/mmag/

黒岩アセットマネジメントでは直接助言会員を常時募集しています。「窓・壁・軸理論」に基づく投資助言をご希望の方はこちらをご覧の上、お申込みください。

直接助言のご案内はこちら
http://www.kuroiwa-am.co.jp/members/contingency.html

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

常勝株ジャーナル

プロならではの質の高い投資情報を無料で受け取る事ができます。当日の展望や市況情報のほか、個別銘柄の推奨も行っており、具体的な購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントまでしっかりとフォローしています。無料会員でも十分なサービスを受けられると定評があります。さらに精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資のベテランから始めたばかりのビギナーまで、幅広い層に人気の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ