ポエム—10月11日版―

ブログ:黒岩が斬る!!

本日の日経平均は915.18円安の22590.86円で取引を終了した。米株安、円高を受けて大幅安スタート。売り先行のあとは下落幅を拡大させる場面もあり、日経平均は一時、前日比1000円安となる場面もあった。ただ、引けにかけてはやや下げ渋り、ローソク足では短い下ひげが出現。それなりに押し目買いが入っていることを示唆している。株価急落の背景となったのが「米長期金利の上昇」と言われているが、それよりも「半導体需要の減少」の方がインパクトは大きいだろう。アジアの株価指数のなかでは台湾加権指数の下落率がもっとも大きく、ハイテク企業に変調を来していることを意味している。昨日からソフトバンク(9984)の下落がきつくなっており、安川電機(6506)の下方修正も相場に大きな影響を及ぼしている。世界的な「ハイテク・半導体ショック」が起こっており、それに関連する銘柄が軒並み安となっている。チャートは完全に弱気形状。

自然災害は何でもそうだ。第一波よりも第二波の方が恐ろしいことが多い。前震のあとに起こる本震。津波だって第二波の方が高いこともある。台風は目の中を通過したあとの吹き返しが恐い。これで終わったと思うことなかれ。本当の災害はこれから起こるのかもしれない。

 

 

コメントをどうぞ

厳選おすすめ投資顧問

情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問 、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、 狙い目のIPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。 基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることが出来ますので試してみるといいでしょう。 おすすめです。

ポエム—1月21日版―

本日の日経平均は53.26円高の20719.33円で取引を終了した。米株高、円安を受けて買い先行となったものの、買い一巡後は上値の重い展開。早々に上昇幅を縮小させる展開となった。日経平均のローソク足の組み合わせでは、「行き違い」が出現。寄り付きで空けた窓を完全に埋めており、早くも調整一巡感が漂っている。ここは押し目買いポイントとなりそうだ。 のび太は考えた。自分に「N」をつけて、しずかちゃんに「S」をつければ、磁石の力でくっつくと。でも、ストーリー的にはジャイアンに「S」がついて、のび太は慌てふためくのである。そう株価も同じこと。何かの力に引き寄せられているから上方向へと動くのだ。

勝ち株ナビ

[1]プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析[2]データ・メソッドをフル活用した解析プログラム[3]社会情勢判断を踏まえた高度な分析など、プロによるあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

メディア情報

書籍一覧
黒岩泰 著書一覧
・eワラント必勝テクニック・最強のテクニカル分析
・黒岩流 窓・壁・軸理論・究極のテクニカル分析

ページの先頭へ